お知らせ

2010年度グッドデザイン賞 受賞のお知らせ

2010.09.29

当社が空間企画でお手伝いをさせていただいた「松丸本舗」「鶯谷健診センター」が、「2010年度グッドデザイン賞」(主催:財団法人日本産業デザイン振興会)を受賞しましたので、お知らせいたします。

上:「松丸本舗」(撮影:フォワードストローク) / 下:「鶯谷健診センター」(撮影:ナカサ&パートナーズ)

受賞作品

「松丸本舗」

【事例概要】
「松丸本舗」は丸善・丸の内本店にオープンしたショップインショップのブックストアです。新刊・古本、新書・マンガなど形態・ジャンルを問わずに、個々の本が持つ「知」を独自のテーマで分類しレイアウト。段違いの棚板が連なる本棚で回遊を促し、「予期せぬ出会い」を演出しています。パソコンで検索しワンクリックで書籍の購入ができる時代に、リアル店舗ならではの読者と書店の新しいコミュニケーションの場として、本棚全体から発するメッセージ力を活かした刺激的で挑戦的な書店のあり方を提示しています。

【審査委員の評価】
「ネットで本の内容を検索したり購入できる現在、書店のあり方、あるいは本の魅力とは何か、を顕在化した提案である。この店舗では、一般的な書店での分類ではなく個人の頭の中を覗くような本のセレクトや陳列に、ジャンルを超えた魅力を創り出している。」

【業務範囲】
構想構成・計画実施:(株)松岡正剛事務所・(株)編集工学研究所
空間企画:(株)丹青社
意匠計画:MIKAN-DESIGN
空間・家具企画設計:丸善(株)

「健康診断サービスのトータルデザイン 医療法人社団青鶯会 鶯谷健診センター」

(応募企業:医療法人社団 青鶯会 鶯谷健診センター)

【事例概要】
「鶯谷健診センター」は、民営化を機に2010年3月に生活習慣病健診フロアを全面改装し、ホスピタリティを核にしたブランディングに取り組んでいます。今回の受賞では、空間から備品、ホスピタリティあふれる接遇まで、「健康診断サービスのトータルデザイン」を実現したことが高く評価されました。
当社は、訪れる人々の心理状態を和らげるような「ホスピタリティ創出」のツールを散りばめた新しい医療空間をご提案。「寛永寺の木々をモチーフとしたデザイン」「自然素材である炭のディスプレイ」などを各所に設け、清潔感も大切にしながら、快適な時間を過ごせる場所を具現化しました。

【審査委員の評価】
「健診施設の民営化を契機に行った健診センターの全面リニューアルの事例である。総合的に質の高いリノベーションとなっているが、リニューアルに当たり施設と運営のすべてをデザインの視点から捉えなおした点が評価できる。サービスのデザインを経験のデザインとしてまとめあげた好例といえる。」

【業務範囲】
デザイン監修:IST
デザイン・制作:(株)丹青社

グッドデザイン賞について

「グッドデザイン賞(Gマーク)」は、1957年に通商産業省(現経済産業省)によって設立された「グッドデザイン選定制度」を継承し、1988年より財団法人日本産業デザイン振興会の主催事業として運営される、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度です。これまで50年以上にわたって、新しい時代の文化と生活を創造することを目的に「より豊かなライフスタイル」と「良いビジネス」を導く運動として展開され、のべ受賞件数は35,000以上にのぼり、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。また、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」はすぐれたデザインを示す象徴として広く一般に親しまれています。

グッドデザイン賞 ホームページ


※お知らせおよびニュースリリースに掲載された内容は発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
HOME ニュース お知らせ 2010 2010年度グッドデザイン賞 受賞のお知らせ