お客様の想いをとらえ、空間の機能や表情を演出。

お客さまの事業ニーズを実現し、訪れる人々の期待にも応えられる空間を創り出すために、施設のコンセプトを考え、ビジュアルに表現して、お客さまの「想い」をカタチにする提案を行い、空間づくりを受注することが第一歩です。受注後は快適さや利便性、安らぎや感動を演出する工夫を進化させ、図面や模型に置き換え、具体的な設計を進めます。

デザイナーは、お客さまと訪れる人々に満足して頂くために、空間づくりをビジュアル面から主導し、人の心を動かす空間を具現化するというテーマを追求し続ける職種です。

先輩社員の仕事紹介

デザイナー1

文化空間 デザイナー

幅広くミュージアム関連の展示設計・デザインをしています。
ミュージアムをつくるとは、そのテーマや地域性、展示資料とその背景に深くのめり込む事から始め、課題を見出し、想像を巡らし、企画と設計で紐解く事だと感じています。
ある時には視界が化石だらけ、土器まみれになる事もありますが、文化の仕事の醍醐味かもしれません。
長い時間をかけて生まれ、育まれながら、時には一瞬にして消え去ってしまうことさえある文化とどう向き合うか、ここに大きな意義を感じています。

デザイナー2

イベント空間 デザイナー

企業の発信するメッセージを可視化し、エンドユーザーに伝えるためのコミュニケーション空間をつくることを心掛けながら、イベント・ミュージアム・ショールーム等、企業のプロモーション活動に関わる空間のデザインを行っています。
お客さま・営業・制作とブレストを重ね、デザインを行っていく過程には、紆余曲折もありますが、物件がオープンしてお客さまと喜び合い、お礼を言われたその瞬間、それまでの苦労も吹き飛び、やりがいと達成感を強く感じます。

デザイナー3

商業空間 デザイナー

飲食空間を中心にデザイナーとして「事業の仕組と環境」をつくってきました。
デザインだけでなく、お店のコンセプトや業態提案から関わり、自分の描くものが実物としてできあがっていく実感と緊張感はこの仕事の大きな魅力です。
商業施設にとっての最終的なお客さまとはお店を訪れるエンドユーザーなので、その意味では我々にとってのお客さま(施主)は戦友でもあります。お客さま(エンドユーザー)の笑顔を、お客さま(施主)と共にわかち合う瞬間に、この仕事の喜びを感じています。