HOME > CSRへの取り組み > 環境との調和

環境との調和

「空間づくり」事業の中で実践する環境配慮とあわせ、企業活動全般においても環境汚染の防止、環境負荷の軽減、低炭素社会実現のための活動に取り組みます。

環境方針

丹青グループは、社会全体と共に地球温暖化に関する危機意識を共有し、知的創造性と業務効率向上を図りながら、持続可能な環境保護のために、以下項目につき重点的に意識と行動の継続的な変革に取り組み、人々の生活に潤いと豊かさをもたらす社会交流空間を創造し続けます。

(1)温室効果ガス排出削減
国民運動であるクールビズ・ウォームビズを継続し、事業活動において適切な資源とエネルギーの使用に努めます。
また、優れた温室効果ガス排出削減技術とコスト面の両立を図り、空間創造に努めます。

(2)環境配慮設計
健康設計、省エネ設計や文化財保護設計、ダイバーシティの考えを採用したユニバーサルデザインなどを積極的に採用し、設計段階からの環境への配慮に努めます。

(3)産業廃棄物の発生抑制
工事現場から発生する産業廃棄物について、手順を定めて発生の抑制および分別廃棄に努めます。

(4)施設利用者への配慮
施設が安全かつ快適にご利用いただけるよう、安全設計及び使用化学物質の適切管理に努めます。

(5)コンプライアンスの順守
広く社会から信頼される業界の行動規範として、環境及び事業活動に関連する法規、その他の規約事項を順守します。

2001年2月23日 制定
2017年2月1日 改定

代表取締役社長 高橋 貴志

環境マネジメントシステム

丹青グループの環境マネジメントシステムは、事業活動との一体化を図り、自然環境の保護にとどまらず、設計段階から施工後の施設の運用面までを考慮した社会交流空間の快適な環境の実現を目指しています。
現在の適用範囲はこちら 適用範囲
なお、2015年に改訂されたISO14001規格での認証登録の更新をすべく、事業運営に最適な形で環境マネジメントシステムの構築を進めています。

グループ会社における環境活動

丹青研究所

丹青研究所は事業活動の一環で、文化を活かした交流創造コンサルタントとして環境配慮展示コンサルティングをおこない、「エコミュージアム」の提案活動に取り組んでいます。「エコミュージアム」とは、地域の自然環境や歴史、文化を探り、地域特性をとらえることで、地域ごとの有形、無形の文化財を新たな魅力として輝かせ、地域の活性化を目指すものです。

「エコミュージアム」の詳細は丹青研究所のホームページをご覧ください。

丹青研究所

丹青ディスプレイ

「百貨店・商業空間のディスプレイ」「美術館・文化催事空間のディスプレイ」のデザインおよび、施工会社である丹青ディスプレイでは、丹青社と同様に環境配慮設計・施工活動を行っています。

丹青ディスプレイ

オフィスにおける環境活動

オフィスにおける環境活動として、クールビズ・ウォームビズ(夏季・冬季の空調設定温度の調節など)の実施や、昼休み時間の消灯、OA機器の省エネ設定などを実施し電気使用量を削減するとともに、OA用紙の使用削減やオフィスから発生する廃棄物の抑制または分別の徹底を推進しています。また、当社は環境省が主催する「Fun to Share」の趣旨に賛同しています。
Fun to Shere

Fun to Shereロゴマーク