HOME > CSRへの取り組み > デザインと社会のかかわり

デザインと社会のかかわり

私たちは人間の営みに宿る豊かな創造力を尊重するとともに、「デザイン」が社会と文化と人のこころを豊かにする力を信じ、産業・文化・学術などの面から各種デザイン活動の振興に貢献したいと考えます。
  • デザイン関連イベントの企画・開催・協賛
  • デザイン業界団体活動の支援・協賛
  • 講師・パネラー・執筆者等の派遣
  • 社員のデザイン表現活動に対する支援
  • 大学寄付研究部門との連携

取り組み事例

東京大学総合研究博物館 ミュージアム・テクノロジー(博物館工学)研究部門との連携

2002年10月当社の寄付により国内初の産学連携ミュージアム・シンクタンクとして誕生した寄付研究部門。「21世紀型ミュージアムを模索する」という大きなミッションのもとに、さまざまな実践的な活動を継続しています。
当社の社員、洪恒夫は展示デザイン分野で東京大学総合研究博物館の特任教授を務め当館を拠点に企画展示、次世代型ミュージアムの実践的研究におけるプランニング・デザインや、教員として活動を行っています。
東京大学総合研究博物館
東京大学総合研究博物館 寄付研究部門
洪 恒夫プロフィール(東京大学総合研究博物館ウェブサイト)

■ 産学連携プロジェクト “どこにでも持ち出せるミュージアム”による学術・文化の情報発信「モバイルミュージアム」

当社は本社オフィスのレセプションエリアに、東京大学総合研究博物館との産学連携プロジェクトである「モバイルミュージアム」を設置しています。大学の学術資源と企業のオフィスを結ぶ、新しい発想でユニット化された展示で、東京大学の標本をコンパクトに展示する実践的研究を通して、オフィスを訪れた皆さまに向けて、学術・文化の発信を行っています。展示コンテンツは自然史、文化史など分野を問わず選択し、定期的に更新しています。
<「モバイルミュージアム」とは>
モバイルミュージアム次世代型ミュージアムの実験プロジェクトで、「どこにでも持ち出せるミュージアム」を表現するために考え出された造語です。展示コンテンツをコンパクトにパッケージ化し、学校、住宅、企業、公共施設に展示することで、周囲の空間をテンポラリーなミュージアム空間に変容させます。モバイルミュージアムは、既存のミュージアム・コレクションを流動させることで、幅広い社会層に向けて文化的な資産を提供するツールといえます。
モバイルミュージアム(東京大学総合研究博物館)

<現在の展示>
ジャガー像付き彩文壺ジャガー像付き彩文壺  カキ遺跡(ペルー) チャンカイ文化(11~15世紀)
この壺は口縁部にネコ科動物、おそらくジャガーの像が付いている。チャンカイ文化は織物がきわめて繊細かつ多くの色を使うが、土器は素朴な造形で白とグレーの2色使いが基本である。高温で焼成するあまり胴部が焼成時にゆがんでしまっているが、チャンカイ文化の土器にこういった事例は少なくない。このように変形した土器をチャンカイ文化の人々は捨てずに使用しており、むしろ好んでいたという見解すらある。

タコノキタコノキ
小笠原諸島に固有な常緑小高木。幹の下部からたくさんの支柱根を出し、その姿が蛸に似ることから「タコの木」の名がある。果実は球形で、パイナップルを思わせる集合果である。種子は海流で広がるほか、オガサワラオオコウモリによっても散布されるが、近年は外来種のクマネズミによる食害が深刻化している。

棍棒棍棒  バガモヨ(プワニ地方)、タンザニア共和国 木製 19世紀初頭
おそらく動物の飼育や塗擦に用いたものであろう。シンプルな形状からして用途の単純さを匂わせてはいるが、小さな突起が様々なイメージを喚起させる。日用品として長年使いこまれてきたことから、表面は見事なまでに美しい。原始的な道具のフォルムは時代を超えた価値をもっている。

アフリカ伝統貨幣アフリカ伝統貨幣  コタ(バコタ)、ガボン共和国 ブロンズ 20世紀初頭
アフリカ各地の部族社会で使われていた貨幣には、現在彫刻を思わせる興味深いフォルムが見出される。素材としての金属が貴重であるというだけでなく、生産に携わった職人の手間賃まで貨幣価値に加味されていたに違いない。経済活動の原点はモノとモノの交換にあった。そのことを想起させる逸品である。

ユーラシアの金属製装飾品"ユーラシアの金属製装飾品
金は、腐食しにくく輝きが失われない性質をもつ稀少金属である。そのため、古来、貨幣や権力を誇示する装飾品はもとより、永続性の象徴として葬送品などに用いられ続けてきた。江上波夫教授旧蔵品(EG03.525)。

ホネガイホネガイ
和名のホネガイは白く長い棘が伸びる様が魚類の骨格を想起させることに由来する。英名はVenus comb murex(ビーナスの櫛)。日本国内では房総半島以南の太平洋岸、海外では西太平洋の熱帯域に分布し、南限はオーストラリアに達する。肉食性で水深10~50mの砂地に生息し、活動中は砂の上を匍匐する。棘は殻が1巻成長するうちに3度形成され、殻の姿勢の安定と捕食者からの防御に役立っている。

ホンドタヌキ剥製ホンドタヌキ剥製
アジア東部にのみ分布するイヌ科動物。近年、日本産のタヌキは大陸の物とは独立した固有種であるとの研究結果が提唱されている。日本産のタヌキはさらに2亜種に分けられる。ヨーロッパに分布する個体群は毛皮目的で導入され、野生化したもの。

■ 産学連携プロジェクト “音声による博物館体験”の提供『ザ・ミュージアム~耳で聴く博物誌~』
 <丹青社+東京大学総合研究博物館 × TOKYO SMARTCASTの共同企画>

「ザ・ミュージアム~耳で聴く博物誌~」産学連携による共同研究の一環として、声による情報をコンテンツとして届けることによって、誰もが楽しめる新しい鑑賞体験の機会を提供しています。博物館に直接来訪できないユーザーや視覚障がい者にも、地域・身体障がい・その他の要因による鑑賞体験のバリアをなくそうという試みです。2016年12月4日より3カ月間、放送と通信の特性を活かした新メディア「TS ONE」で、新たな“音声による博物館体験”『ザ・ミュージアム~耳で聴く博物誌~』を放送するにあたり、企画・番組提供をします。
当社が空間づくりに携わった、「JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク」に展示されている「学術文化財」(標本・資料)を、館長で東京大学教授の西野嘉章氏が毎回1作品ずつ音声で紹介するほか、展示物の画像や関連リンク等も連動し、新感覚の博物館体験が楽しめます。
※本放送 毎週日曜日 9:00~9:10
 再放送 毎週火曜日 24:30~24:40, 毎週金曜日 15:30~15:40
TS ONE:(株)エフエム東京のグループ会社であるTOKYO SMARTCAST(株)が無料デジタル放送「i-dio(アイディオ)」上に開局したフラッグシップチャンネル。
「ザ・ミュージアム~耳で聴く博物誌~」公式ウェブサイト

■ 産学連携プロジェクト “離れていてもネットでつながる博物館体験”の創出 
 次世代スタジオ型ミュージアム「ミュージアム ネット アライヴ」

「ミュージアム ネット アライヴ」のようす空間と空間をネットでつなぎ、それぞれの施設から教育的な発信(対話型、双方向型の講義等)をリアルタイムでおこなうことで、場所を問わずミュージアムをつくりだすプログラム「Museum Net Alive~ミュージアム ネット アライヴ~」を開催しています。
2016年8月に「サマーミュージアム in Tanseisha」と題し、当社社員とその子どもたちを対象に、当社のレセプションエリアであるクリエイティブ・ミーツ内に隕石などの展示物やフォトスポットなどを用意して実施しました。東京大学総合研究博物館 宮本英昭准教授とのコラボレーションにより、NASAエイムズ研究所、アメリカ地質調査所宇宙地質学研究センター、宇宙航空研究開発機構(JAXA)をつなぎ、世界最先端で活躍する研究員にも講師役として参加いただきました。宇宙をテーマにした「つながるミュージアム」を親子で楽しむ夏のイベントとなりました。
今後も、地域やテーマを変えて開催し、次世代スタジオ型ミュージアムによる新たな博物館体験を創出していきます。

空間デザインの魅力を伝えるオリジナルグッズ製作、ソーシャルネットワークサービスでのコミュニケーション

当社はデザイナー寺田尚樹氏とコラボレーションし、「テラダモケイ・丹青社 スペシャルエディション 1/100建築模型用添景セット <空間づくり>の魅力を伝えたい編」を製作しました。商空間(カフェ&ベーカリー)と展示空間(ギャラリー)のパーツで構成されており、空間デザインの楽しさを体感できるセットになっています。※非売品
ステークホルダーである学生の皆さまに空間づくりの魅力を伝えるため、新卒採用活動の中で面接時に配布しています。また、組み立てたキットの写真を投稿できるソーシャルネットワークサービス “TANSEI POST”を展開し、コミュニケーションできる場を設けています。

TANSEI POST

TANSEI POST
テラダモケイ

教育現場への講師派遣、セミナーへの登壇

セミナーのようす空間デザインやディスプレイデザインなどの分野を中心に、多数の講演会や大学、専門学校等教育現場へ講師として社員を派遣するなど、産業・文化・学術の振興に貢献しています。
また、当社のもつ資源やノウハウを活かしたセミナーへの登壇や記事の執筆を通して、ユニバーサルデザイン、ホスピタリティの向上等、デザインを通したより良い社会の実現を目指しています。

[過去に当社社員が登壇したセミナーのテーマ]
「選ばれる施設デザイン ~ホスピタリティが伝わる環境演出」、「医療×デザイン 新たな価値」、「事業再生と既存ホテルのリノベーション手法」、「ミュージアムづくりを共に体験し、共に考える」、「こころのユニヴァーサルデザインを共に考える」、「急進するアジアの商空間デザイン戦略」 等