HOME > 丹青社について > トップメッセージ

トップメッセージ

代表取締役会長 青田嘉光と代表取締役社長 高橋 貴志の写真

 さまざまな空間を、人と人、人とモノ、人と情報が交わる豊かな体験の場として彩ることが、私たち丹青社の役割です。インターネットや仮想現実が一般化する時代にあって、人にとってのリアルな空間がもつ意味も変化しています。ますます多様化し高度化する空間へのニーズをしっかりと見すえ、私たちはつねに事業主の皆さまの事業の成功と、その先にある利用者の方々の感動や満足を追い求めています。インバウンドの動きやダイバーシティ重視の流れなど、多種多様な人々を迎える機会が増した現在、空間に集い過ごされる方のプロフィールや志向の変化に対しても、こうした「こころを動かす空間づくり」のまなざしを生かして向き合っています。

 また「空間創造のプロフェッショナル」として歩む丹青社は、豊かなアイデアとそれを具現化させる確かな技術とを柱に、これまでも時代を反映した数々の空間を形作ってきました。この 2つの機能の相乗効果と補完関係を今後一層強め、お客さまの信頼に十二分にこたえられる空間づくりを目指します。発想力と具現化力という両輪にさらに磨きをかけ、研鑽を重ねながら、私たちはより良い空間の実現に挑み続けます。

 空間の価値を高めるために、一人ひとりの創造性を生かしていく丹青社。これからも、空間というメディアを介して豊かな社会と生活の実現に貢献してまいります。