中期経営計画(2022年1月期~2024年1月期)

目指す姿

コロナ禍で傷んだ業績を「回復」させると同時に、デジタル活用を基軸にビジネスと働き方を「進化」させ、
新しい時代にふさわしい、新しい丹青社グループへと自らを「変革」する。

財務目標(2024年1月期)

連結売上高 連結営業利益率 連結ROE 連結配当性向
840億円 7% 12% 50%以上

業績目標(2024年1月期)

(単位:百万円)

  売上高 営業利益 経営利益 親会社株主に帰属する当期純利益
2024年1月期 84,000 5,800 5,920 3,990
構成比(%) 100.0 6.9 7.0 4.8
2024年1月期 商業その他施設事業 チェーンストア事業 文化施設事業 その他
売上高 50,200 22,900 10,300 600
営業利益 3,700 1,600 400 100

非財務目標

働き方
・従業員が疲弊感なく、働きがい、仕事の楽しさを実感し、いきいきと働いている
・総労働時間が削減されている

ダイバーシティ
・組織の多様性が高まっており、かつ多様性を包摂する意識とコミュニケーションが定着している

環境
・環境負荷低減の取組みが継続的に改善・充実している

顧客・社会の課題解決
・顧客・社会のニーズとその変化を的確に捉え、課題解決につながるソリューションを提供できる

ESG ありたい姿 KPI 2024年1月期目標
S
  • ・従業員が疲弊感なく、働きがい、仕事の楽しさを実感し、いきいきと働いている
  • ・組織の多様性が高まっており、かつ多様性を包摂する意識とコミュニケーションが定着している
  • ・顧客・社会のニーズとその変化を的確に捉え、課題解決につながるソリューションを提供できる
従業員意識調査結果 前回以上の評価
総労働時間の削減 社内総労働時間基準超過者 0名
管理職の新規登用における女性比率 50%以上
管理職のダイバーシティ研修受講率 100%
顧客評価調査結果 毎年、前年以上の評価
地域創生ソリューションの開発 30億円の事業創出
E
  • ・環境負荷低減の取組みが継続的に改善・充実している
EMS認証の維持 活動目標の達成
G
  • ・経営・財務基盤の充実
  • ・株主還元の充実
連結売上高 840億円
連結営業利益率 7.0%
ROE 12%
配当性向 50%以上

戦略と施策

戦略1 売り物づくり
(1)デジタル活用による売り物づくり
(2)地域創生ソリューションの開発

戦略2 マーケティングの強化
(1)デジタルマーケティングの実践・拡充

戦略3 働き方の再構築
(1)業務プロセスの見直し
(2)ダイバーシティ&インクルージョンの推進
(3)BIM(※)の導入・活用
※Building Information Modeling

HOME IR情報 中期経営計画