HOME > ニュース > お知らせ > 2017 > 「インバウンドビジネス総合展」 出展・セミナーに登壇します
お知らせ

「インバウンドビジネス総合展」 出展・セミナーに登壇します

2017.01.13

丹青社は、2017年2月1日(水)~3日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区)でおこなわれる「インバウンドビジネス総合展」に出展し、主催者セミナーに登壇いたします。

今回が初開催となる「インバウンドビジネス総合展」(主催:日本経済新聞社)は、最新のインバウンドサービス・支援企業が一堂に出展する展示会で、インバウンド向け新商品や、観光地や施設などの施工・改修、不動産や土地のインバウンド向け活用事例などを広く紹介するほか、会場内セミナーを連日多数開催します。

当社は、「施設・観光地対応ゾーン」に出展し、空港・駅・サービスエリアといった公共施設から、商業空間、コミュニケーション空間、文化空間、さらに情報発信や地域観光施設など、さまざまなシーンで胸を打つ時間と豊かな感動体験をプロデュースしています。出展ブースでは、丹青グループが提供するソリューションとその事例をご案内します。

また2月2日(木)の主催者セミナー “世界一訪れたくなる日本へ、空間からできること” では、当社は「日本を伝える文化観光イノベーション」と題したセミナーに登壇します。今ある地域資源をみがき、つなぎあうことでインバウンド観光客を呼び込むコンテンツづくりについて実例を交えながらご紹介し、これからの可能性についてご提案します。

「インバウンドビジネス総合展」開催概要

名称 インバウンドビジネス総合展
開催日時 2017年2月1日(水)~3日(金)10:00~17:00
会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」 東6ホール
入場料 無料
事前の入場登録が可能です
https://messe.nikkei.co.jp/register/form/IB/ja
公式ウェブサイト https://messe.nikkei.co.jp/ib/
主催 日本経済新聞社

当社出展ブース 概要

地域資源・学術資源・文化財など、今ある資源を活かすことでインバウンド観光客を呼んでいる成功事例や、多様な人に配慮したおもてなし空間づくりのヒントなどをご紹介します。

<展示予定事例>
プレイヤールームWANOMAJPタワー学術文化総合ミュージアム 「インターメディアテク」
宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)くらすわ式年遷宮記念 せんぐう館 など
※リンクをクリックすると、丹青グループのウェブサイトに掲載されている内容をご覧いただけます。

当社 出展者情報(「インバウンドビジネス総合展」公式ウェブサイト内)

セミナー「日本を伝える文化観光イノベーション」概要

日時 2017年2月2日(木) 10:30-12:30
会場 東京ビッグサイト東6ホール 会場内セミナー B会場
テーマ 日本を伝える文化観光イノベーション
~胸を打つ時間と体験を提供する 観光コンテンツづくり~
到着口から出発口までのシーンを考える
(主催者セミナー “世界一訪れたくなる日本へ、空間からできること” 内)
セミナー概要 文化財・ミュージアム・商業空間、それらを取り巻く自然など、今ある地域資源をみがき、相互につなぐことで、魅力的な観光コンテンツになります。
実例に触れながら、インバウンド観光客を呼ぶ観光コンテンツづくりについてご紹介します。
登壇者 西山 徳明 氏(北海道大学 観光学高等研究センター長・教授)
出原 秀仁 (株式会社丹青社 シニアプランニングディレクター)
﨑山 幸子(株式会社丹青研究所 取締役・文化財環境研究部長)
受講料 無料(事前申込み制)
詳細情報及び参加申込 詳細情報及び参加申込

西山 徳明氏 北海道大学 観光学高等研究センター長・教授

出原 秀仁 株式会社丹青社 シニアプランニングディレクター

﨑山 幸子 株式会社丹青研究所 取締役・文化財環境研究部長