ふじのくに地球環境史ミュージアム

廃校をリノベーションした「思考を促す」ミュージアム

海がテーマの展示室。上下反転した学習机で構成したケースを規則的に配置し、水面のラインを浮かび上がらせた


事例概要

静岡県立初の自然系博物館であり、全国初となる「地球環境史」をテーマとした博物館。「静岡の自然とその歴史である自然史」と、「人と自然の関わり・未来の生き方を考える環境史」が主軸となっており、「100年後の静岡が豊かであるために何ができるか」を考えるきっかけとなる場を目指しています。廃校を改修し、テーマ毎に旧教室を利用した10の展示室があります。

課題/テーマ

本施設のテーマである「未来の豊かさを考える」ことを、日々の生活の中で実践してもらうための展示を、廃校となった校舎を活用して具現化すること。

解決策/実現策

「学ぶ/教える」という学校本来の場の特性を活かし、「考える」ことを実践できるようにしました。10の展示室において、「1. 問いかける」~「2. 思考を促す」~「3. 対話を促す」~「4. 行動を促す」という4つのフェーズを設定し、「考える」過程がステップアップしていく展示構成としました。一連の展示を通して、自ら考え、実践できる人間力が育まれることを狙っています。

事業主
静岡県
業務範囲
デザイン・設計、制作・施工
当社担当者
企画:篠原 宏一
ディレクション:加藤 剛
デザイン・設計:石河 孝浩
デザイン監修:東京大学総合研究博物館 洪 恒夫
プロジェクトマネジメント:平島 亘
制作・施工:山田 晃裕
受賞情報
「DSA 日本空間デザイン賞 2016」大賞 / 日本経済新聞社賞、協会特別賞 企画・研究賞
「JCDデザインアワード2016」 銀賞、橋本夕紀夫賞
「第50回日本サインデザイン賞」 入選、中部地区賞
「第35回ディスプレイ産業賞(2016)」 入選
所在地
静岡県
オープン日
2016年3月
ウェブサイト
https://www.fujimu100.jp/

天秤型造作の両端に人の暮らしと自然を表す模型を一対で配置し、傾きにより自然との関係の変化を伝えている

学校の机や椅子、黒板など、場にもともとあったものを積極的に活かした空間づくり

もともと学び舎という場所性を活かし、学校の先生のようなインタープリターがなじむ対話空間を用意

撮影:ナカサ&パートナーズ


お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

国立科学博物館 地球館 リニューアル

詳細を見る

敦賀赤レンガ倉庫・ジオラマ館

詳細を見る

高根中郷館キッズスペース

詳細を見る

宮古市 津波遺構 たろう観光ホテル

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 ふじのくに地球環境史ミュージアム