お知らせ

インターネットミュージアム事務局が「第3回大堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました

2020.11.19

丹青社のインターネットミュージアム事務局が「第3回大堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」(主催:日本ミュージアム・マネージメント学会)を受賞しました。丹青社グループの丹青研究所が「第16回日本ミュージアム・マネージメント学会賞」の貢献賞に選出されており、当グループでの同学会主催の賞受賞は2度目となりました。

「大堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」(以下「大堀哲賞」)は、ミュージアム・マネージメント分野のすぐれた業績を讃え、もって分野の発展をはかるために授与される賞です。
大堀哲賞は、学会員に限らず、ミュージアム界、ミュージアムのマネージメント関連領域に貢献した人、組織、団体、ボランティア、外国人研究者、漫画家、小説家等、当学会に貢献した人・活動や、当学会研究紀要に限らず一般雑誌に掲載された論文・記事、書籍、講演、TVラジオ番組、または展覧会、企業博物館等のイベントにおいてミュージアム・マネージメントに関して優れた業績のある人・活動から推薦され、選ばれます。

今回受賞した当社のインターネットミュージアム事務局が運営する『インターネットミュージアム』は、1996年に丹青社グループが開設した日本最大級のミュージアム情報サイトです。ミュージアムの施設情報や企画展・イベントなどの情報をご紹介しているほか、独自の取材レポート、学芸員の募集情報、展覧会のチケットプレゼントなど多彩なコンテンツで、広く全国のミュージアムファンにご利用いただいています。

2020年6月に全面リニューアルを行い、より見やすく、便利に、楽しくなった『インターネットミュージアム』の運営を通して、今後も、全国のミュージアムをインターネットで紹介し、ミュージアム業界を盛り上げ、貢献してまいります。

選考理由

ミュージアムに関する情報サイトはいろいろあるが、丹青社が運営する「インターネットミュージアム」は、ミュージアムに関する総合サイトとして、情報量並びに情報の更新に関しても極めて優れている。また、記載内容についても、個々の情報が一つ一つ丁寧かつ詳細に書かれており、写真の掲載も十分になされている。
また、新型コロナウイルスにより、全国の文化施設が一時休館を余儀なくされているが、本サイトでは、都道府県別に最新の情報を掲載するだけでなく、各館のサイトに直接アクセスできるアドレスを掲載したり、一部運営をしているケースではその情報も記載しているなど、きめ細かい情報提供に努めている。
運営面では、広告掲載を積極的に行うなど、努力が良く見える。こうしたWebサイトの運営は、サイト制作をする事業者の善意で行われがちであるが、本サイトは、持続的な運営の実現を目指し、広告収入を取っており、本来あるべき、ミュージアムサイトの代表的な存在であると高く評価される。

『インターネットミュージアム』編集長 古川幹夫 コメント

ミュージアム業界全体を盛り上げるべく、微力ながら情報を発信し続けてきたインターネットミュージアムにとって、今回の受賞は望外の喜びです。ウィズコロナの時代でミュージアムを取り巻く環境が大きく変化するなか、ミュージアム総合情報サイトであるインターネットミュージアムに求められる事も増えていくと思います。これからもミュージアム関係者と、ミュージアムを愛するファンの方の双方が、より便利に、より楽しくご利用いただけるよう努めていきます。

参考情報

「インターネットミュージアムは、新しくなりました!」(『インターネットミュージアム』ウェブサイト内)
「日本ミュージアム・マネージメント学会」ウェブサイト


※お知らせおよびニュースリリースに掲載された内容は発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
HOME ニュース お知らせ 2020 インターネットミュージアム事務局が「第3回大堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました