お知らせ

「Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会2021」でワークショップをおこないます

2021.08.25

丹青社は、10月15日(金)より大阪駅前・うめきたシップホールで開催されるイベント「Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会2021」(主催:特定非営利活動法人アートアンドアーキテクトフェスタ)に協賛しています。

会期中の10月22日(金)にギャラリーイベントとして、『“SDGs”を通して、地域づくりの未来について考えよう』と題したワークショップをおこないます。

皆さまのご参加をお待ちしております。

ワークショップ
“SDGs”を通して、地域づくりの未来について考えよう

(「Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会2021」内)

日時 10月22日(金)
12:30  開場・受付 
13:00  ワークショップ
15:00  終了予定
※府からの自粛要請により、イベントが中止となる可能性があります。中止となった場合は、主催者である特定非営利活動法人アートアンドアーキテクトフェスタよりご連絡させていただきます。あらかじめご了承ください。
会場 大阪駅・中央北口前 うめきたシップホール
 (Under 35 Architects exhibition 2021 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2021)内)
概要 よりよい世界を目指す国際目標として、世界的に取り組みが進んでいる「SDGs」。
人々の暮らしに直結する空間づくりにおいても、SDGsへの貢献につながる主体的な提案がますます重要視されています。

社会環境が目まぐるしく変化する今、持続可能な世界の実現のために私たちが発揮できるデザイン思考とは何か。そして、デザイナーをはじめ、空間づくりにかかわる一人ひとりが、17の目標達成に向けてできることは何か。さらに意識を高めていく必要があると強く感じています。

今回のワークショップでは、これからのよりよい建築や空間づくりのため、さまざまな空間づくりを手がける丹青社がSDGsを軸に、地域を巻き込んだ新たなアイデアやアプローチについて学生の皆さんと一緒に考えていきます。

参加費 無料 ※U-35展覧会入場券(¥1,000)をお渡しします。
定員 30名(事前申込制)
参加方法 ウェブサイトよりお申し込みください。
http://u35.aaf.ac
申し込みフォーム
https://u35.aaf.ac/event/2021/form22.htm
ファシリテーター 安藤 圭
(当社 デザインセンター デザイナー)
2008年丹青社入社後、商業施設、企業ショールームやスタジアムなどさまざまな領域の空間づくりに携わる。東京本社、九州支店勤務を経て、2021年より関西支店勤務。

八島 彩
(当社 コミュニケーションスペース事業部 関西支店 営業部)
2016年丹青社入社。ショールームや企業ミュージアム、イベントなど、企業のコミュニケーションを目的とした空間づくりに数多く携わる。東京本社勤務を経て、2021年より関西支店勤務。
主催 株式会社丹青社
協力 株式会社丹青ヒューマネット
運営協力 特定非営利活動法人アートアンドアーキテクトフェスタ
お問い合わせ info2021_u35@tanseisha.co.jp(丹青社内)

※お知らせおよびニュースリリースに掲載された内容は発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
HOME ニュース お知らせ 2021 「Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会2021」でワークショップをおこないます