展示を活かす「魅せる」LED照明開発

壁付け展示ケース専用ベース照明「LED MUSEUM CP」の開発にあたり、追及したのは省エネルギーだけではない展示資料を「魅せる」LED照明です。
LEDには従来の光源にはない優れた特性がある一方、ミュージアムで求められる光となるまでに強い直線光やハレーション、色の再現性など、いくつかの課題がありました。「LED MUSEUM CP」はそれらの課題を一つ一つ克服し、LEDの特性を活かした新しい展示照明をつくりあげました。
目指すのは、照明からのアプローチでミュージアムの主役である展示資料を引き立て、来館者やそれを支える運営者の「こころを動かす空間をつくる」ことです。

「LED MUSEUM CP」カタログ(0.5MB)PDF

お問い合わせ
文化空間事業部 開発統括部 プロジェクト開発部 2課
TEL:03-6455-8134

龍谷ミュージアム

龍谷ミュージアム

「遮る」から「活かす」へ

光の美しさと省エネルギーの両立の秘密は特殊な反射板形状にあります

これまでのケース用LEDベース照明器具

LEDを複数列(2~4列)配置

LEDの強力な光を拡散版で遮り、和らげる照度を上げムラをなくす為に光源の数は多くなる

  • ・LEDの数が多く、光を遮るため電力効率が悪い
  • ・多重の影(マルチグレア)が出やすい
  • ・光の色が均一になりづらい

LED MUSEUM CP

LEDは一列

均等に、効果的に光を拡散
一つの光源から多方向の光となる

  • ・使用するLEDの数が少なく高効率・省エネルギー
  • ・均一な照度分布、柔らかく自然な影
  • ・展示資料を立体的に見せる光表現

展示の可能性を広げます

展示資料の色彩を忠実に表現する光、色温度の調色が自在に

高演色LEDを使用、展示資料の色彩を忠実に表現します。従来の光源で見られたような調光による色温度の変化はほとんどありません。そして、これまでのベース照明器具では実現しなかった、展示資料に合わせた調色が「LED MUSEUM CP」ではスイッチひとつで可能です。

調光器は3段階調色、無段階調色、調色無し、の3種類からお選びください。

色温度の変更(イメージ)

LED照明を含めたトータルの展示環境の提案

スポットライトをはじめ、多彩なLED照明をラインナップ。展示専門会社として文化財にやさしく、自由な展示を実現する環境全体の提案も可能です。

主な導入施設

「龍谷ミュージアム」「仙台市博物館」は「2012年北米照明学会照明賞」Award of Meritを受賞


龍谷ミュージアム   施設ウェブサイト


松江歴史館   施設ウェブサイト


仙台市博物館   施設ウェブサイト

撮影:市川靖史、フォワードストローク

提供サービス・ソリューション

丹青社では、お客さまの資源を最大限に活かす技術・サービス・ソリューションで、課題解決を多方面からサポートしています。

デジタル技術活用による提供価値向上

地域創生・まちづくり支援

店舗展開支援

グローバルソリューション

文化展示ソリューション

施設の魅力向上につながる運営・管理

他社協業による新価値創造

HOME 事業紹介 ソリューション詳細 展示を活かす「魅せる」LED照明開発