お知らせ

ピクシーダストテクノロジーズと空間のDX促進による提供価値向上に向けて協業します

2021.12.24

丹青社は、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:落合陽一/以下:PxDT)と空間のDX(デジタルトランスフォーメーション)促進による提供価値向上に向けた業務提携に関する協定書を取り交わしました。PxDTが提供する空間データプラットフォーム「KOTOWARI™」を用い、空間にまつわるセンシングデータの収集とその分析・活用により、空間における課題抽出から解決策の提案までをワンストップでおこなうサービスの開発・提供を目指して協働します。

協業の取り組み第一弾として、NFT(*1)アートのポップアップ型ギャラリー「HARTi Gallery」(*2)で開催中の土佐尚子氏の個展「NAOKO TOSA’s Sound of Ikebana」にてセンシング技術を用いてイベントの効果測定をおこなう実証実験を開始しました。会場内にカメラを含むセンサーを設置し、センシングにより来場者の属性や各作品の閲覧順、滞留時間などのデータを収集します。収集したデータの分析により、動線計画やレイアウトの改善、来場者の興味・関心に沿った展示企画の提案といったソリューション提供が見込めます。

イベントが開催される「HARTi Gallary」の画像

実証実験が行われている「HARTi Gallery」

イベント会場内の来場者データをカメラでとらえている画像

会場にはカメラやセンサー等が設置され来場者のデータを収集する

イベント会場内の来場者データ(会場内を歩いた軌跡や場所による滞留時間等)を可視化した画像

作品の閲覧順、滞留時間等のデータを可視化し分析することでさまざまなソリューションの提供が可能になる

両社は本協業を通じて、PxDTの持つデジタル技術と丹青社の持つ空間づくりのノウハウを掛け合わせ、テクノロジーを活用した空間における提供価値の向上に取り組んでまいります。

*1 NFT(ノンファンジブル・トークン):唯一無二の「世界に1つだけのデータ」の価値を生み出せる代替不可能なトークン。ブロックチェーン技術を活用することで、改ざんが困難なデジタルデータを作成できる。
*2 丹青社が資本業務提携を結ぶ株式会社 HARTiが東急不動産株式会社、東急不動産SCマネジメント株式会社とともに2021年11月27日(土)から2022年1月9日(日)の期間限定で「東急プラザ表参道原宿」に開設したギャラリー。

ニュースリリース
丹青社、ピクシーダストテクノロジーズと空間のDX促進による提供価値向上に向け協業
~「HARTi Gallery」で開催中の個展において空間データ活用の実証実験を実施~

協業の背景

丹青社は、空間創造のプロフェッショナルとして事業主様や社会のニーズに応えられるよう、各種の研究や実証実験などにも積極的に参画することで、社会の変化やテクノロジーの進化への対応を進めています。その中で、空間データを活用し、新たな価値を生み出す取り組みをおこなっています。
大学等との連携によりアカデミア発のテクノロジーを社会の課題・ニーズと結び付け、ビジネスによる価値創造をおこなうPxDTと協働することで、これまで培ってきた空間づくりの知見やセンスから導き出してきたデザインにデータドリブンの手法を取り入れ、空間づくりによる課題解決力を強化してまいります。感性に定量的なデータを掛け合わせることにより、事業主様の課題解決やエンドユーザーの更なる体験価値向上を目指します。

協業による空間データ活用のイメージ図

協業による空間データ活用イメージ

今後の展望

実証実験を通じて事業化に向けた課題の抽出・改善を進め、空間にまつわるセンシングデータを活用した、事業主様や社会の課題を解決するサービス・ソリューションの提供を目指します。

〔 期待される提供サービス・ソリューション例 〕

  • ●商業空間(百貨店、複合商業施設 等)
    ― 施設の来場者属性や回遊データに基づくレイアウト改善、運営改善、施設改装の提案
  • ●文化空間(博物館、美術館 等)
    ― 空間の温湿度データに基づく展示物の状態管理サービスの提供
  • ●ビジネス空間(オフィス、工場、倉庫 等)
    ― 作業・行動履歴の可視化による人員配置の最適化、働き方改革の提案
  • ●パブリック空間(駅、空港、サービスエリア 等)
    ― 行動データの収集・分析によるテロ対策の提案

2社によるコメント

●ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 代表取締役CEO 落合陽一 氏 ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 代表取締役CEO 落合陽一氏のポートレート

PxDTでは空間認識技術や波動制御技術を活かした空間のDXを加速させています.
本試みでも,研究開発企業としての持ち味を活かし,今までに定量的評価が困難であった来場者の動的分析の一助となることで,デジタルと物理空間がより親和し,多様性を育みお客様の個別事例に最適化する空間構築へと貢献できるように邁進していきたいと考えております.
 
●株式会社丹青社 CMIセンター 空間メディアマーケティング統括部
 空間メディアプロデュース室 室長 鈴木 朗裕
株式会社丹青社 CMIセンター 空間メディアマーケティング統括部 空間メディアプロデュース室 室長 鈴木 朗裕のポートレート

丹青社 CMIセンターでは、当社の空間づくりのノウハウにさまざまなテクノロジーをクロスし、その高い表現力やつながる力を活かした空間演出、体験拡張に取り組んでまいりました。さらに今回の取り組みによって、お客様に個別最適化された体験づくりの力をより高めていくことで、新しい時代の空間づくりを実践し、空間のDXを強力に推進してまいります。

「KOTOWARI™」について

KOTOWARIロゴマーク

PxDTが開発した「KOTOWARI™」は、空間データ(例:3次元点群データや画像データ)を取得/保存/活用することで、空間にある多様な事象をデジタルデータとして取り扱い、統合的に解析する高度なアプリケーション(例:空間のデジタル化、リモート点検、異常検知、産業機器の知能化)の構築を可能とします。
具体的には、KOTOWARI™プラットフォーム上の適切なモジュールを組み合わせることで、業種業態ごとの課題/ニーズに合わせたアプリケーションを構築できるほか、センサーの追加/統合/乗り換えも容易に行うことができるため、開発したアプリケーションを継続的に進化させることが可能です。これにより空間データを活用したDX(デジタルトランスフォーメーション)を種々の現場で持続的に実現することに寄与します。

* KOTOWARIおよび関連するロゴは、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社の商標または登録商標です

関連情報

・価値創造の基盤 > テクノロジーで感動体験を生み出す力 > CMIセンター

関連のお知らせ

HOME ニュース お知らせ 2021 ピクシーダストテクノロジーズと空間のDX促進による提供価値向上に向けて協業します