テクノロジーで
感動体験を生み出す力

空間を唯一の“体験”のメディアととらえ、これまでに培ってきた“場を生み出す”技術やノウハウに、ICTや演出技術など“時を彩る”テクノロジーやアイデアを組み合わせ、人々のこころを動かす“感動体験”を創造します。多感覚を刺激し、圧倒的な情報量で想いを伝えるフィジカルな空間に、さまざまな特長を持つデジタルを交差させ、お客さまにとって最適なソリューションを提供します。

CMIセンター

CMIセンター(クロスメディアイノベーションセンター)は、空間体験の価値を最大化・最適化する専門チームです。“時を彩る”テクノロジーは、映像、音響、照明などの空間そのものを豊かに演出する技術にとどまらず、ネットワークやヴァーチャルリアリティの進化により、”時と場を超える”体験が可能になるなど、非常に多岐にわたります。CMIセンターでは「事業者の想いをどう伝えるか、そのために場を訪れる人の時間をどう活かすか」という視点で各分野のプロフェッショナルが協働し、さまざまなテクノロジーやアイデアを“場を生み出す”技術やノウハウに最適化して組み込み、感動体験を創造することで、空間に新たな価値をもたらします。

テクノロジーやアイデアのマーケティング、マッチング

日々進化し続けるICT・演出技術分野の情報を収集・集約するとともに、多彩な分野のクリエイターやメーカーとのネットワークを構築。お客さまのさまざまなニーズとのマッチングを図り、プランニングやディレクションに活かしています。

プランニング&ディレクション、トータルプロデュース

ICT・演出技術を高度に組み込んだ展示や体験、空間演出のプランニング、ディレクションをおこないます。また、CMIセンターの総合力を活かし、さまざまなテクノロジーやアイデアをお客さまのニーズに合わせて最適化してご提案。空間の価値を最大化させる、トータルプロデュースを推進します。

来場者とのコミュニケーションを豊かにする空間メディアデザイン

テクノロジーを高度に組み込んだ空間メディアとコンテンツをデザインします。施設のサインデザインを中心としたCI・VIデザイン、サイネージコンテンツや、ウェブコンテンツ、CG分野のスペシャリストによるVR/MRを活用したコンテンツ制作からインタラクティブコンテンツの企画・制作まで、二次元から三次元に広がる事業者と来場者のコミュニケーションを、より豊かにデザインします。

さまざまな演出技法を空間に実装するテクニカルディレクション

映像や音響、照明にとどまらず、デジタルテクノロジーを活用したインタラクションや、模型・造形、メカ・機構、センシングおよびその制御技術まで、空間メディアに活用される幅広い技術実装をおこないます。総合的なテクニカルディレクションにより、さまざまな演出技法を取り入れた空間を具現化します。

CMIセンター事例集

CMIセンターが関わった空間演出やデジタルコンテンツの事例を映像でご覧いただけます。

港南ラボ マークスリー[Mk_3]

『空間×技術(空間と技術の相乗)』をテーマに、空間とテクノロジーの連携による新たな価値創出を目的とした会員制の共創の場です。ICT、VRやAR、インタラクティブ技術、映像・音響技術などの分野において先端的な技術・コンテンツをもつ企業やクリエイターとともに空間演出技術を応用した研究・実証・協働を進めます。
空間演出や空間コミュニケーションに関する研究開発、テクノロジーを最適化する実験・実証を重ね、場を利用するエンドユーザーおよび事業者に、より新しく、質の高い体験を得られる空間を提供していきます。

独自の高速ブラウジングシステム等を備え、新たなデザインや技術の実験と実証を重ねて、アイデアをリアルな空間で具現化します

JR品川駅からマークスリー[Mk_3] へのご案内

東京都港区港南3-4-27 WAREHOUSE Konan(第2東運ビル)2F
・品川駅 港南口より徒歩約17分(案内図の矢印ルート)
・港区コミュニティバス ちぃばす「浜路橋」バス停下車すぐ

港区コミュニティバス ちぃばす 芝浦港南ルート 時刻表
[184番 品川駅港南口]→[176番 浜路橋 ](田町駅東口方面)
[176番 浜路橋]→[184番 品川駅港南口](品川駅港南口方面)
(バス停 品川駅港南口⇔浜地橋 所要時間 約10分)

港南ラボ マークスリー[Mk_3]に関するお問い合せ先

info@mk-3.comMAIL(株式会社丹青社 CMIセンター内 Mk_3運営事務局)


関連情報

プロフェッショナルメッセージ

CMIセンター 空間メディアマーケティング統括部 空間メディアプロデュース室 室長

鈴木 朗裕

空間は体験によって想いや価値を伝える”体験のメディア”です。訪れる人の時間と場所を限定することで得られる高い身体性は、多感覚を通じた圧倒的な情報量で言葉や文化の壁を超えた体験を創造し、感動や興奮、共感を生み出します。空間ならではの身体性とデジタルテクノロジーが持つ表現力や拡張性、最適化する力をコンバージェンスすることで、時間と場所、デジタルとフィジカルの狭間のデザインエンジニアリングを推進し、これまでにない高いエンゲージメントを発揮する空間づくりをプロデュースします。

「専門力」×「総合力」で空間づくりを支える

課題解決に導くデザインの力、想いを具現化する制作技術の力、テクノロジーで感動体験を生み出す力、それぞれが価値創造につながる専門力を磨き、それを相互に掛け合わせ、「専門力」×「総合力」で空間づくりを支えます。

空間づくりに関するご相談・お問い合わせ

映像による空間演出や参加型デジタルコンテンツなど、空間にデジタル技術を掛け合わせ、こころを動かす感動体験づくりをお手伝いします。
ご相談、お問い合わせは下記よりお申込みください。

お問い合わせ
HOME 価値創造の基盤 テクノロジーで感動体験を生み出す力