お知らせ

「日本空間デザイン賞2020」銅賞 他を受賞しました

2021.02.16

当社が空間づくりのお手伝いをしました『雄勝硯伝統産業会館』が、「日本空間デザイン賞2020」(主催:一般社団法人 日本空間デザイン協会、一般社団法人 日本商環境デザイン協会)において博物館・文化空間銅賞を受賞しました。また、下記事例がBEST100および入選となりました。

日本空間デザイン賞は、日本で唯一かつ最大の空間アワードで、卓越したデザインや優秀なデザイナーを発掘し、それを世界へ発信していくことで、空間デザインの新しい可能性を拡げることを目的に設立されたものです。

今回の受賞は、空間づくりに携わりました当社デザイナーをはじめ、関係者にとりましても、大変励みになります。こうした機会をお与えいただいたお客さまはじめ、さまざまな過程でご協力いただきました皆さまにも御礼申し上げます。

今後とも、空間をご利用いただく皆さまの視点を忘れず、お客さまの事業への貢献ができるよう、豊かな空間づくりの取り組みを続けてまいります。

博物館・文化空間 銅賞

雄勝硯伝統産業会館

撮影:土田有里子

【デザイン意図】
国指定伝統的工芸品である石巻市雄勝硯(おがつすずり)のミュージアム。東日本大震災によって壊滅的な被害を受けた施設を、未来永劫変わらぬ雄勝石がもつ重厚さと書道文化の軽やかさを掛け合わせた「美」として蘇らせた。また、空間内の数多の硯と映像による書文字を展示室内へ巡らし、上部へ昇華、工芸と文化が織りなす美の連続性を追求した。地場で採掘した石の産声が空間に響き渡り、不変の大地から語りかけるミュージアムである。

【事業主】石巻市

【当社担当者】デザイン・設計:橋本旬平、井上大輔/プロジェクトマネジメント:越前小太郎/制作・施工:飯川隆弘

東日本大震災の被害を受けた旧施設。建物や展示資料は津波により流されました。しかし美しき工芸文化、書道文化はこの地に残り続けています。2つの文化の魅力を展示空間で感じていただきたいです。この度いただいた栄誉ある賞を機にひとりでも多くの人に来館いただき、本施設が新たな復興の拠点のひとつとなることを願っています。また関係者の皆さまに心より感謝申し上げます。(デザイン:橋本旬平)

当社実績紹介

『雄勝硯伝統産業会館』~復興のシンボルとして、古くから守られてきた雄勝硯の伝統と文化を後世に伝える施設~

BEST100

・HIBIKOKU TERRACE

【事業主】三菱地所(株)
【当社担当者】ディレクション、デザイン:鶴谷真衣

・SKY LOUNGE SOUTH

【事業主】東京国際空港ターミナル(株)
【設計、建築全体監修】梓・安井・PCPJ 東京国際空港国際線旅客ターミナル設計監理共同企業体
【当社担当者】デザイン:宮本厚樹、生田尚也

入選

日本空間デザイン賞について

日本空間デザイン賞とは、一般社団法人日本商空間デザイン協会(JCD)と一般社団法人日本空間デザイン協会(DSA)がそれぞれ開催してきたデザインアワードを2019年に合併して創設した、日本で唯一かつ最大の空間アワードです。日本から優れたデザインを定期的に発信し、世界に向かって評価や価値を高めていくことで「空間デザインのちから」を伝えることを目指しています。
日本空間デザイン賞
日本空間デザイン賞2020年度 受賞者・受賞作品


※お知らせおよびニュースリリースに掲載された内容は発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
HOME ニュース お知らせ 2021 「日本空間デザイン賞2020」銅賞 他を受賞しました