神戸海洋博物館

国内有数の模型コレクションを活用し、神⼾の海・船・港の歴史と未来を体感できる施設にリニューアル

英国艦隊旗艦「ロドニー号」の模型。全長約12m、高さ約9mのスケール感を活かした映像演出を施している


事例概要

みなと・神戸のシンボルであり、神戸開港120年記念事業として1987年に開館した「神戸海洋博物館」。今回、新たに「神戸とみなとのあゆみ」をテーマに掲げ、未来の海事人材の育成に寄与することを目的に、海・船・港の歴史や仕事などについて知り、体験できる施設としてリニューアルしました。

課題/テーマ

施設テーマの明確化と、ここでしか味わうことのできない体験の提供による集客力の向上。
国内有数の船舶模型コレクションの活用。
館内に併設する川崎重工業(株)の企業博物館「カワサキワールド」との相乗効果を生み出し、施設ににぎわいを創出すること。

解決策/実現策

館全体のテーマを象徴するシアターは、エントランスの大空間と既存の大型模型「ロドニー号」を活かした圧倒的な演出で来館者を出迎えます。また、既存の船舶模型を整理し、航路をイメージした什器に展示することにより、船の進化と多様化の歴史を印象的に見せました。その他、操船シミュレーターやガントリークレーンなどのオリジナル体験装置の導入や、海・船・港にまつわる3Dフォトスポットの設置など、オリジナリティの高い体験価値を提供しています。

事業主
神戸市
業務範囲
展示企画、デザイン・設計、制作・施工、運営管理
当社担当者
プロジェクトリーダー:津田 真
プロジェクトマネジメント:杉浦正和、衣笠野々子
展示企画:郷田千晶
デザインディレクション:高辻純哉
デザイン・設計:稗田 優、北村壽規
制作・施工:阿部智紀
オープン
2020年2月
ウェブサイト
http://www.kobe-maritime-museum.com/

神戸港 開港150年シアター:ロドニー号とホール全体を使い、開港から150年のあゆみを感じる映像で来館者を包みこむ

ロドニー号を包み込むプロジェクションマッピングの映像演出で、イギリスから神戸港までの航海の世界観に浸る

船の模型航路:航路に見立てた什器に船の模型を時系列に展示。西洋帆船から今日の客船、貨物船へとつながる船の進化を辿る

巨大船舶のひみつをイラスト“ONE MINATO”を通して解説(イラスト:青山大介)

海の3Dフォトスポット:メリケンパークに積まれたコンテナとロドニー号をテーマにした3Dトリック

神戸港のあゆみ:神戸港開港から今日までの150年にわたる歴史と神戸港の役割を知る

神戸港のはたらき:体験型コンテンツを通じて子どもたちに海 ・船・港の仕事の重要性の理解を促す

体験型コンテンツのひとつ“操船シミュレーター”では本格的な操船を体験できる

撮影:フォワードストローク


デザイン・設計
稗田 優

デザイン・設計
稗田 優

企業ショールーム、ミュージアムを中心に、企業展示会、エンターテインメント分野、商業施設など、広い分野に跨ってデザインを手がける。
空間というメディアを通してその場所がもつ価値を最大限に引き出し、多くのエンドユーザーが楽しくて豊かに過ごせる場を社会に生み出していきたい。

お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

神戸市立博物館

詳細を見る

港区立郷土歴史館

詳細を見る

円谷英二ミュージアム

詳細を見る

広島平和記念資料館本館

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 神戸海洋博物館