JA兵庫六甲 御影JA総合センター

地域の“食”を楽しみ、人々の交流を生み出す、JAの新しい取り組みを具現化した施設

正面ファサード昼景。六甲杉の木ルーバーをルーバーと同色の外壁に配置し、傾きによる陰影がグラデーションを強調する


事例概要

JAバンクやJA共済の支店といった「金融機関」、地域の農畜産物や加工品を販売する「直売所」、地域の食材を使った料理やスイーツを提供する「惣菜販売・カフェ」などが入った複合施設です。“食”を愛する人たちを結び、多様な活動を実践し提供するこの場所は、人々が集まり、地域の農畜産物の消費を高め、地域をより一層活気づかせることができる「食と農を通じた地域交流拠点」になることを目指しています。

課題/テーマ

JAの新しい取り組みとして、農家と消費者や他事業者を繋げることで、販売力を強化し、継続的に発展するビジネスモデルをつくること。また、住宅街に位置するため、地域住民のプライバシーに配慮すること。

解決策/実現策

複合施設にすることで、農家と消費者や他事業者との交流が生まれ、販売が促進されるとともに、新しい農業ビジネスへの参入に繋がることを目指しました。既設のJAにはない“しつらえ”を具現化することで、新業態をつくろうという意思表明とチャレンジする実行力をアピールしています。また、閑静な住宅街に位置することから、外壁に設けた斜めの木ルーバーで、周辺からの視線をしっかりと遮断し、地域住民の日常生活に支障をきたさないように配慮しました。

環境配慮設計

よりエネルギー消費量の少ない建築物を建てることを目指し、省エネルギー設計を行いました。

事業主
兵庫六甲農業協同組合
業務範囲
施設コンセプト企画、デザイン・設計
当社担当者
ディレクション:瀬野 文雄
デザイン・設計:清本 友輝
所在地
兵庫県
オープン日
2018年3月
ウェブサイト
http://www.jarokko.or.jp/Contents/Map/AccessMap/Links_Area_Seishin.html

ファサード夜景。木ルーバーの背面に間接照明を仕込み、地域に溶け込みつつも柔らかな光が施設の存在をアピールする

1階カフェ入口からカウンターを見る。ナチュラルな木目と表情のあるタイルを使用し、地域の食材を引き立たせる

1階直売所レジから店内を見る。天井には活気あふれるマーケットを表現した照明デザインと、精肉店が一体の空間となっている

撮影:ナカサアンドパートナーズ


お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

京王あそびの森 HUGHUG 〈ハグハグ〉

詳細を見る

ミライザ大阪城

詳細を見る

MARLMARL 京都三条通店・横浜みなとみらい店

詳細を見る

サンシャインシティ噴水広場

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 JA兵庫六甲 御影JA総合センター