容器文化ミュージアム

「包む」技術で社会貢献するBtoB企業の文化発信の場

ミュージアム全景。オフィスロビーの雰囲気を損なわないよう白をベースとしながら、差し色で彩りを加えた


事例概要

東洋製罐グループ新本社ビル1Fに新設された、容器包装の文化を発信するミュージアム。太古の昔から最新の容器包装まで、その歴史や技術・工夫を紹介しています。東洋製罐は1917年の創業以来、「包む」技術を通じて社会に貢献をしてきた企業です。本施設は、資料館であり、ショールームであり、更には企業と市民の新たなコミュニケーションを生み出す場を目指した施設です。

課題/テーマ

B to B企業が一般消費者に向けて、自社の生業である容器文化を分かりやすく発信し、子どもをはじめとした誰にでも楽しんでもらえる施設を実現すること。

解決策/実現策

容器包装を「ひらく」という施設コンセプトから、それを体現する空間デザインとロゴを提案。ここを訪れた全ての方に「容器のミュージアムに来た」という記憶と体験を残す、視覚的なコミュニケーションの創出を図りました。展示アイテムや解説は、子どもたちにもわかりやすく、触って楽しめるものとなるよう工夫を凝らすことで、誰にでも楽しんでもらえる施設を目指しました。

事業主
東洋製罐(株)
業務範囲
施設コンセプト企画、展示企画、デザイン・設計、制作・施工、運営計画、ロゴ企画
当社担当者
プロジェクトマネジメント:中村恒太
ディレクション:洪恒夫
プランニング:石田裕美
デザイン・設計:阪田まゆ子、吉田真司
制作・施工:川南保夫、三宅恵介
受賞情報
「空間デザイン賞2012」入選
「第46回SDA賞」入選
所在地
東京都
オープン
2012年4月
ウェブサイト
http://package-museum.jp/

「ひらく」という施設コンセプトを体現した巨大な容器の造形。ここでは体験型の展示で最新の容器を紹介

(上)施設ロゴとそれをかたどった体験テーブル (下)ロビーに向けたサインとして容器の形のアクリルをディスプレイ

ゲームによる体験型展示や手描きイラストを用いたグラフィックなど、子どもにもわかりやすく、楽しめる解説を多数展開

撮影:ナカサ&パートナーズ、村上浩次郎 他


お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

USEN-NEXT GROUP オフィス

詳細を見る

宮崎日機装 展示室

詳細を見る

Canon Gallery

詳細を見る

Innovation Space DEJIMA

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 容器文化ミュージアム