国立科学博物館 地球館 リニューアル

大型映像演出や遊具と標本のミックスで、新しい展示体験を実現

「地球史ナビゲーター」宇宙史・生命史・人間史を、3つの大きなスクリーン映像で実物標本とともにダイナミックに演出


事例概要

国立科学博物館地球館がリニューアルされました。改装は5フロアの展示エリアに及び、地球館の約3分の1が新しくなりました。
国立科学博物館は、その長い歴史の中で、数多くストックしている実物標本を中心に展示を展開してきました。今回、常設展示としては初めて、大型映像演出やインタラクティブ映像、大型遊具などに実物標本の展示をミックスさせた、新しい展示体験のスタイルを実現しました。

課題/テーマ

段階的な改修を行なってきたため実現できなかった、地球館全体のガイダンス展示を整備すること。未就学児とその保護者のためのコミュニケーション展示を実現すること。

解決策/実現策

地球館の入口に、宇宙誕生から現在までの歩みを、宇宙史・生命史・人間史の切り口で紹介するシンボルゾーン「地球史ナビゲーター」を設け、ここで地球館全体を俯瞰できるようにしました。また、未就学児とその保護者を対象とした新しいエリア「親と子のたんけんひろばコンパス」では、小さな子どもでも博物館や自然科学に親しみが持てるように、遊びの要素を取り入れるなど工夫を施しました。

事業主
独立行政法人国立科学博物館
業務範囲
乃村工藝社・丹青社設計施工共同企業体:展示企画、デザイン・設計、制作・施工
当社担当者
ディレクション:高橋 久弥
プロジェクトマネジメント:工藤 篤
展示企画:粟国 嘉隆、山田 淳、千葉 香菜子、谷川 功晃
デザイン・設計:土井 啓郁、高橋 賢治
制作・施工:高田 和重、鈴木 翔悟、大野 達浩、松田 浩之
受賞情報
「DSA日本空間デザイン賞2016」銀賞
DSA 日本空間デザイン協会特別賞 企画・研究賞(3F親と子のたんけんひろばコンパス)
「第50回日本サインデザイン賞」入選(2F科学技術で地球を探る)
「第10回キッズデザイン賞」(3F親と子のたんけんひろばコンパス)
「第35回ディスプレイ産業賞(2016)」入選
所在地
東京都
オープン日
2015年7月
ウェブサイト
http://www.kahaku.go.jp/

「親と子のたんけんひろばコンパス」実物標本と大型遊具の組み合わせによって、未就学児に新たな科学体験を提供

「科学技術で地球を探る」大きなスクリーンに浮かび上がるさまざまな地球観測データを、手をかざすことによって操作できる

「自然のしくみを探る」ノーベル賞受賞者を中心とした日本の科学者の探究のアプローチを、関連資料とともに紹介

撮影:フォワードストローク 撮影協力:国立科学博物館


お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

広島平和記念資料館東館

詳細を見る

敦賀赤レンガ倉庫・ジオラマ館

詳細を見る

高根中郷館キッズスペース

詳細を見る

宮古市 津波遺構 たろう観光ホテル

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 国立科学博物館 地球館 リニューアル