ミライザ大阪城

公園内の歴史的建造物をコンバージョンした複合商業施設

元貴賓室から繋がるテラスでは、大阪城の全景を見上げながら食事やカフェを楽しめるスペースを創出


事例概要

大阪城公園の魅力向上施策の一つとして、大阪城天守閣と同じ本丸エリアに位置する歴史的建造物のもと大阪市立博物館(旧陸軍第四師団司令部庁舎)をコンバージョンした複合商業施設です。当社は、施設コンセプト企画、MD(マーチャンダイジング)企画、内装監理、核テナントのリーシングとデザイン・設計、制作・施工を担当しました。

課題/テーマ

施設のある本丸エリアに店内でゆっくり時間を過ごせる飲食施設がないため、滞在時間が短く機会損失していること。この課題を解決し、公園利用者の利便性向上、公園全体の魅力向上、事業者の収益性向上を図るために、施設の歴史的価値とポテンシャルを活かした商業化計画を策定すること。

解決策/実現策

2階・3階・屋上に建物の雰囲気を活かして、レストラン・バンケット運営を手がける㈱ポジティブドリームパーソンズの「THE LANDMARK SQUARE OSAKA」を誘致し、飲食施設を新設。立地のポテンシャルを最大限に活用して、歴史ある洋館で天守閣を間近に望みながら食事を楽しむという大阪城公園の新たなシーンの創出を提案しました。また、来園客の多くを占めているアジア圏の観光客を取り込みつつ、日本人感覚に訴求する施設開発をおこなうことで、地元の人々にも国内外観光客にも愛される施設を目指しました。

事業主
大阪城パークマネジメント㈱
業務範囲
各種調査、施設コンセプト企画、MD企画、テナントリーシング(一部)、内装監理
当社担当者
プロジェクト・マネジメント:大内保葉
プランニング、MD企画、テナントリーシング:安藤亨、久光麻紀、堀尾奈央
所在地
大阪府
オープン日
2017年10月
ウェブサイト
https://www.miraiza.jp/

施設内の共用部。階段、手摺、柱、躯体、ステンドグラスなど、既存建築を極力活かし、パブリックスペースをリノベーション

2階の「THE LANDMARK SQUARE OSAKA crossfield with TERRACE LOUNGE」。洗練された本格的なモダンイタリアンレストランに生まれ変わった

3階の「THE LANDMARK SQUARE OSAKA Restaurant RASPBERRY with MOON BAR」。上質なコース料理を提供するフュージョン・フレンチレストランへとリノベーション

撮影:ナカサアンドパートナーズ


お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

京王あそびの森 HUGHUG 〈ハグハグ〉

詳細を見る

JA兵庫六甲 御影JA総合センター

詳細を見る

MARLMARL 京都三条通店・横浜みなとみらい店

詳細を見る

サンシャインシティ噴水広場

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 ミライザ大阪城