デザインと社会のかかわり ―
デザインのはたす力、そして豊かな文化の創造

私たちは人間の営みに宿る豊かな創造力を尊重するとともに、「デザイン」が社会と文化と人のこころを豊かにする力を信じ、産業・文化・学術などの面から各種デザイン活動の振興に貢献したいと考えます。

  • ・デザイン関連イベントの企画・開催・協賛
  • ・デザイン業界団体活動の支援・協賛
  • ・講師・パネラー・執筆者等の派遣
  • ・社員のデザイン表現活動に対する支援
  • ・大学寄付研究部門との連携

取り組み事例

東京大学総合研究博物館 ミュージアム・テクノロジー(博物館工学)研究部門との連携

2002年10月当社の寄付により国内初の産学連携ミュージアム・シンクタンクとして誕生した寄付研究部門。「21世紀型ミュージアムを模索する」という大きなミッションのもとに、さまざまな実践的な活動を継続しています。当社 エグゼクティブ クリエイティブディレクター 洪恒夫は展示デザイン分野で東京大学総合研究博物館の特任教授を務め、当館を拠点に企画展示、次世代型ミュージアムの実践的研究におけるプランニング・デザインや、教員として活動をおこなっています。

東京大学総合研究博物館
東京大学総合研究博物館 寄付研究部門
洪 恒夫プロフィール(東京大学総合研究博物館ウェブサイト)

コミュニティ

産学連携プロジェクト
“どこにでも持ち出せるミュージアム”による学術・文化の情報発信「モバイルミュージアム」

当社は本社オフィスのレセプションエリアに、東京大学総合研究博物館との産学連携プロジェクトである「モバイルミュージアム」を設置しています。大学の学術資源と企業のオフィスを結ぶ、新しい発想でユニット化された展示で、東京大学の標本をコンパクトに展示する実践的研究を通して、オフィスを訪れた皆さまに向けて、学術・文化の発信をおこなっています。展示コンテンツは自然史、文化史など分野を問わず選択し、定期的に更新しています。

「モバイルミュージアム」とは

次世代型ミュージアムの実験プロジェクトで、「どこにでも持ち出せるミュージアム」を表現するために考え出された造語です。展示コンテンツをコンパクトにパッケージ化し、学校、住宅、企業、公共施設に展示することで、周囲の空間をテンポラリーなミュージアム空間に変容させます。モバイルミュージアムは、既存のミュージアム・コレクションを流動させることで、幅広い社会層に向けて文化的な資産を提供するツールといえます。

モバイルミュージアム(東京大学総合研究博物館)


本社「モバイルミュージアム」のようす1

本社「モバイルミュージアム」のようす2

本社「モバイルミュージアム」のようす3

コミュニティ

産学連携プロジェクト “音声による博物館体験”の提供『ザ・ミュージアム~耳で聴く博物誌~』
<丹青社+東京大学総合研究博物館 × TOKYO SMARTCASTの共同企画>

産学連携による共同研究の一環として、声による情報をコンテンツとして届けることによって、誰もが楽しめる新しい鑑賞体験の機会を提供しました。博物館に直接来訪できないユーザーや視覚障がい者にも、地域・身体障がい・その他の要因による鑑賞体験のバリアをなくそうという試みです。放送と通信の特性を活かした新メディア「TS ONE」で、新たな“音声による博物館体験”『ザ・ミュージアム~耳で聴く博物誌~』を放送するにあたり、企画・番組提供をしました。
当社が空間づくりに携わった、「JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク」に展示されている「学術文化財」(標本・資料)を、館長で東京大学教授の西野嘉章氏が毎回1作品ずつ音声で紹介するほか、展示物の画像や関連リンク等も連動し、新感覚の博物館体験を提案しました。
TS ONE:(株)エフエム東京のグループ会社であるTOKYO SMARTCAST(株)が無料デジタル放送「i-dio(アイディオ)」上に開局したフラッグシップチャンネル。

「ザ・ミュージアム~耳で聴く博物誌~」メインビジュアル

「ザ・ミュージアム~耳で聴く博物誌~」収録のようす

消費者課題コミュニティ

産学連携プロジェクト “離れていてもネットでつながる博物館体験”の創出
次世代スタジオ型ミュージアム「ミュージアム ネット アライヴ」

空間と空間をネットでつなぎ、それぞれの施設から教育的な発信(対話型、双方向型の講義等)をリアルタイムでおこなうことで、場所を問わずミュージアムをつくりだすプログラム「Museum Net Alive~ミュージアム ネット アライヴ~」を開催しています。
2016年8月に「サマーミュージアム in Tanseisha」と題し、当社社員とその子どもたちを対象に、当社のレセプションエリアであるクリエイティブ・ミーツ内に隕石などの展示物やフォトスポットなどを用意して実施しました。東京大学総合研究博物館 宮本英昭准教授とのコラボレーションにより、NASAエイムズ研究所、アメリカ地質調査所宇宙地質学研究センター、宇宙航空研究開発機構(JAXA)をつなぎ、世界最先端で活躍する研究員にも講師役として参加いただきました。宇宙をテーマにした「つながるミュージアム」を親子で楽しむ夏のイベントとなりました。
また、2017年2月には子ども向けの交流イベント「うなぎ博士を目指そう!東大うなぎ教室」を開催。東京大学総合博物館ミュージアム・テクノロジー寄付研究部門協力のもと、宮崎(国際うなぎLABO)、東京(丹青社/品川シーズンテラス)、大槌(大槌文化ハウス)の3ヶ所の研究者と参加者をつないで、クイズやレクチャを楽しみながら、うなぎの謎に迫りました。 今後も、地域やテーマを変えて開催し、次世代スタジオ型ミュージアムによる新たな博物館体験を創出する可能性を模索していきます。

「サマーミュージアム in Tanseisha」のようす1

「サマーミュージアム in Tanseisha」のようす2

「うなぎ博士を目指そう!東大うなぎ教室」のようす

消費者課題コミュニティ

教育現場への講師派遣、セミナーへの登壇

セミナーのようす

空間デザインやディスプレイデザインなどの分野を中心に、多数の講演会や大学、専門学校等教育現場へ講師として社員を派遣するなど、産業・文化・学術の振興に貢献しています。
また、当社のもつ資源やノウハウを活かしたセミナーへの登壇や記事の執筆を通して、ユニバーサルデザイン、ホスピタリティの向上等、デザインを通したより良い社会の実現を目指しています。

[過去に当社社員が登壇したセミナーのテーマ]
「日本を伝える文化観光イノベーション」、「選ばれる施設デザイン ~ホスピタリティが伝わる環境演出」、「医療×デザイン 新たな価値」、「事業再生と既存ホテルのリノベーション手法」、「ミュージアムづくりを共に体験し、共に考える」、「こころのユニヴァーサルデザインを共に考える」、「急進するアジアの商空間デザイン戦略」 等

消費者課題コミュニティ

各種イベント等への協賛・協力

各種イベントに協賛・協力し、デザイン・文化活動を支援しています。

  • ・Under 35 Architects exhibition 2017
  • ・バリアレスシティアワード&コンペティション2017
  • ・Good Job!展
など
コミュニティ

デザイン業界団体活動の参画・協力

各デザイン業界団体に積極的に参画・協力し、デザイン活動を支援しています。

  • ・特定非営利活動法人キッズデザイン協議会
  • ・一般財団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会
  • ・一般社団法人日本空間デザイン協会
  • ・公益社団法人日本サインデザイン協会
  • ・一般社団法人日本商環境デザイン協会
  • ・特定非営利活動法人日本デザイン協会
  • ・日本展示学会
  • など

コミュニティ
各カテゴリ内の取り組み事例には、以下のタグにより ISO26000 における中核主題との対応を表記しています。
  • 組織統治:組織統治
  • 人権:デューデリジェンス|人権に関する危機的状況|加担の回避|苦情解決|差別及び社会的弱者|市⺠的及び政治的権利|経済的、社会的及び文化的権利|労働における基本的原則及び権利
  • 労働慣行:雇用及び雇用関係|労働条件及び社会的保護|社会対話|労働における安全衛生|職場における人材育成及び訓練
  • 環境:汚染の予防|持続可能な資源の使用|気候変動の緩和及び気候変動への適応|環境保護、生物多様性及び自然生息地の回復
  • 公正な事業慣行:汚職防止|責任ある政治的関与|公正な競争|バリューチェーンにおける社会的責任の推進|財産権の尊重
  • 消費者課題:公正なマーケティング、事実に即した偏りのない情報及び公正な契約慣行|消費者の安全衛生の保護|持続可能な消費|消費者に対するサービス、支援、並びに苦情及び紛争の解決|消費者データ保護及びプライバシー|必要不可欠なサービスへのアクセス|教育及び意識向上
  • コミュニティ(コミュニティへの参画及びコミュニティの発展):コミュニティへの参画|教育及び文化|雇用創出及び技能開発|技術の開発及び技術へのアクセス|富及び所得の創出|健康|社会的投資

お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

HOME CSRの取り組み デザインと社会のかかわり