お知らせ

「第12回キッズデザイン賞」を受賞しました

2018.10.12

当社が空間づくりをお手伝いしました「京王あそびの森 HUGHUG 〈ハグハグ〉」が「第12回キッズデザイン賞(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会)」において、「第12回キッズデザイン賞」を受賞いたしましたので、お知らせいたします。

当社は、第6回「ShinQs ベビー休憩室『Switch Living スイッチリビング』」、第7回「静岡市こどもクリエイティブタウン『ま・あ・る』」、第8回「三菱みなとみらい技術館 トライアルスクエア(スペース・プロジェクト)」、第9回「三井ショッピングパーク ららぽーと富士見」、第10回「高根中郷館キッズスペース」、第11回「たかまつミライエ(高松市こども未来館)」等につづき、7年連続のキッズデザイン賞受賞となりました。こうした機会をお与えいただいたお客さまをはじめ、さまざまな過程でご協力いただきました皆さまにも御礼申し上げます。

今後とも、空間をご利用になる皆さまの視点を忘れず、お客さまの事業への貢献ができるよう、豊かな空間づくりへの取り組みを続けて参ります。

第12回キッズデザイン賞

京王あそびの森 HUGHUG 〈ハグハグ〉
 (子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門)

【概要】
京王あそびの森 HUGHUG 〈ハグハグ〉は、豊かな多摩の自然を背景に木の温もりに包まれた安心安全な遊びの場の提供と、その中に木育・体育・知育をテーマにした、伸び伸びと遊びながら気づきや学びを促す遊具を配し、子どもたちの豊かな成⻑を育むことを目的とした屋内施設です。

安全安心できる環境下で子どもたちが思い切り体を動かして遊べる場所の提供はもちろん、親子で共有できる遊びの機会や時間の創出、自主的に取り組める質の高い遊びなど、現在失われつつある子どもたちの遊びへの関心を高め、遊びの中で自我を成長させることができる施設を目指しました。

天候に左右されず親子で思い切り体を動かせる広い屋内スペースに、幼児から小学生まで各年齢ごとに楽しめるエリアを個々に形成し、既成のものでなく、木育・体育・知育を考慮したオリジナルの玩具や遊具を企画してそれぞれの年齢に見合った形で配し、遊びの中で学びや気づきができる施設としました。

【事業主】
京王電鉄株式会社

【当社担当者】
プロジェクトマネジメント:石橋 遼太朗 / 企画、デザイン・設計:山本 啓介 / 制作・施工:加藤 圭

当社 実績紹介

『京王あそびの森 HUGHUG 〈ハグハグ〉』~木の温もりに包まれ、自由にのびのびと遊びながら学べる

過去の受賞実績

年度 受賞内容 事例名称 事業主
第11回
(2017年度)
キッズデザイン賞 たかまつミライエ
(高松市こども未来館)
高松市
キッズデザイン賞 福井県児童科学館
エンゼルランドふくい
展示エリア リニューアル
福井県
キッズデザイン賞 こどもの感性を育む、
仕掛け絵本のベビールーム
(株)サンシャインシティ
キッズデザイン賞 ダイナシティWEST (株)ダイナシティ
キッズデザイン賞 MARLMARL 横浜みなとみらい店 (株)Yom
第10回
(2016年度)
キッズデザイン賞 どうぶつパズル (株)サンシャインシティ
キッズデザイン賞 高根中郷館キッズスペース 御殿場市
市民部 市民協働課
キッズデザイン賞 国立科学博物館
親と子のたんけんひろば
「コンパス」
(独)国立科学博物館
第9回
(2015年度)
奨励賞
キッズデザイン協議会
会長賞
三井ショッピングパーク
ららぽーと富士見
三井不動産(株)
第8回
(2014年度)
経済産業大臣賞 三菱みなとみらい技術館
トライアルスクエア
(スペース・プロジェクト)
三菱重工業(株)
グループ戦略推進室
広報部
三菱みなとみらい技術館
キッズデザイン賞 ふくふくこども館 下関市
第7回
(2013年度)
優秀賞 
消費者担当大臣賞
静岡市こどもクリエイティブタウン
『ま・あ・る』による
「しごと・ものづくり体験」
静岡市
キッズデザイン賞 ギャラクシティ
(足立区こども未来創造館)
足立区
第6回
(2012年度)
キッズデザイン賞 ShinQs ベビー休憩室
「Switch Living スイッチリビング」
(株)東急百貨店
第4回
(2011年度)
キッズデザイン賞 トヨタテクノミュージアム
産業技術記念館 テクノランド
トヨタテクノミュージアム産業技術記念館

※事例名称をクリックすると、当社実績紹介をご覧いただけます。

第12回キッズデザイン賞について

特定非営利活動法人キッズデザイン協議会が2006年から主催する、多様なステークホルダーとともに子どもの未来が持続的で明るいものであるように、デザインの視点から取り組む素晴らしい作品を顕彰するものです。「子どもたちが安全に暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という目的を満たす、製品・空間・サービス・活動・研究の中から優れた作品を選び、広く社会に発信していくことを目的に創設されました。子ども用にデザインされたものはもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てに配慮されたデザインであればすべてが対象となります。
第12回キッズデザイン賞 / KIDS DESIGN AWARD 2018 (主催:特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会)

HOME ニュース お知らせ 2018 「第12回キッズデザイン賞」を受賞しました