CEATEC JAPAN 2011 富士通ブース

省エネを兼ねながら迫力ある大規模ブースデザインを実現

ブース全景。上部に広がる無数のキューブで「富士通の技術」が豊かな暮らしを支える様子を表現した


事例概要

「CEATEC JAPAN 2011」は、アジア最大級の規模を誇る映像・情報・通信の国際展示会です。今回の富士通ブースの出展テーマは「豊かな社会、支えるICT −ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティ−」。暮らしや社会を支える最先端テクノロジーとサービスを紹介することを狙いとした展示ブースです。

課題/テーマ

大規模ブースという条件下で、来場者が幅広いソリューション展示を見過ごすことなく、かつストレスなく回遊できる導線を実現すること。同時に、震災後の省エネに対応した照明計画をおこなうこと。

解決策/実現策

会場におけるブースロケーション選定から、ゾーニングプラン、各導線からの視認性の検証まで、徹底的な検討をおこない最適な平面レイアウトを導き出しました。また、富士通の技術を表現するデザインモチーフとして無数のキューブを採用。各キューブはLEDパネルを内包し、天井面全体が発光することで地明かり照明を補完。省エネを兼ねながら迫力あるブースデザインを実現しました。

環境配慮設計

産業廃棄物とコストの 削減のために、造作の構造としてリユース可能なシステム材を採用しました。

事業主
富士通株式会社
業務範囲
展示企画、デザイン・設計、制作・施工
当社担当者
ディレクション:野村一樹
デザイン・設計:野村一樹、山下 純
受賞情報
「空間デザイン賞2012」入選
所在地
千葉県
オープン日
2011年10月
ウェブサイト
http://jp.fujitsu.com/

LEDパネルを光源として内照する上部のキューブが、地明かり照明を兼ねることで省エネを実現した

テーマステージ。オープンなステージで、会場内のあらゆる導線から来場者をブース内へ誘引する

撮影:クドウオリジナルフォト


お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

エコプロダクツ2009 住生活グループ

詳細を見る

荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋

詳細を見る

肥前さが幕末維新博覧会 幕末維新記念館

詳細を見る

創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1
創刊~1980年代、伝説のはじまり

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 CEATEC JAPAN 2011 富士通ブース