東京メトロ上野駅(銀座線・日比谷線)

『美術館のある街』上野を感じることができる駅にリニューアル

銀座線ホーム:
乗降場を「クラシカル美術館」の展示室と位置付け、1000系車両が入線することで完成する展示空間


事例概要

東京メトロが開業90周年を機に進めている銀座線の全面リニューアル。日本最古の地下鉄駅である「銀座線上野駅」と、隣接する「日比谷線上野駅」が一体的にリニューアルされました。通勤・通学利用客のみならず国内外の観光客が多い駅であることから、『上野らしさを感じる駅空間』をテーマに、機能的で安全な新たな上野駅を目指しました。

課題/テーマ

地下鉄の課題である地上(上野の街)とのつながりの創出と、『上野らしさ』をいかして新しい駅空間を生み出すこと。

解決策/実現策

デザインコンセプトを『美術館のある街』とし、「銀座線:クラシカル美術館」「日比谷線:モダン美術館」と2つの駅にそれぞれ個性を持たせました。銀座線は、駅空間に木製回転改札や1000系車両などを展示し、過去と現在の時間をつなぐ、クラシカルな駅空間に。日比谷線は、美術館のホワイトの壁面にフレームが並ぶ、現代的な駅空間へ。『美術館のある街』上野を感じることができる、新しい「上野駅」が生まれました。

環境配慮設計

ユニバーサルデザイン:駅のバリアフリー化、明度差を意識した床材選定、明るさを考慮した照明計画など、地下鉄駅としての様々な制約の中で、安全性に十分配慮した計画をおこないました。

事業主
東京地下鉄(株)
業務範囲
パシフィックコンサルタンツ(株):建築基本設計、実施設計
(株)大林組:施工
丹青社:基本デザイン、施工(展示)
当社担当者
基本デザインディレクション:須川 悠理子
基本デザイン:高橋 淳一
施工(展示):関 隆志
展示・映像ディレクション:石田 裕美
受賞情報
「DSA日本空間デザイン賞2018」入選
「2018年度 鉄道建築協会賞」作品部門 入選
所在地
東京都
オープン日
2017年12月
ウェブサイト
https://www.tokyometro.jp/ginza/

銀座線改札口:現代の改札に並んで展示してあるのは、開業当時の「木製回転改札」。90年という時をつなぐ装置を構内各所に展示

日比谷線ホーム:壁面にフレームが並ぶ浮遊感ある白い展示室とし、アルミの車体の入線により、風を受けて揺らぐ木々を想起させる柱が並ぶ

地上へ導く光のラインは上野公園に広がる芸術・文化施設の情報を展示し、新たな人の流れ、街とのコミュニケーションを生み出す展示室

撮影:鈴木 賢一


お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

大阪国際空港(伊丹空港)

詳細を見る

中央区観光情報センター

詳細を見る

中目黒高架下

詳細を見る

JR東日本高崎駅 新幹線改札内 リニューアル

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 東京メトロ上野駅(銀座線・日比谷線)