荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋

作品がもつ独特かつアーティスティックな世界観を、大空間をいかしてダイナミックに表現

「宿命の星 因縁の血」 ©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
物語の主人公、ライバルを対峙させるように展示し、中央部に己の信念(名台詞)が交錯しぶつかり合うインスタレーション演出を展開


事例概要

世界中に数多くのファンを持つ『ジョジョの奇妙な冒険』の誕生30周年を記念した、荒木飛呂彦氏の原画展が国立新美術館で開催されました。国立の美術館で漫画家の個展が開催されるのは、手塚治虫氏以来、史上2人目です。作品の「新たな可能性・未来性」を感じてもらうことをねらい、壮大な作品世界を過去最大スケールの空間を使って表現しました。

課題/テーマ

モノクロ及びカラー原画の魅力を最大限生かすことはもちろん、漫画の枠組みを超えて波紋のように拡がり続けるアーティスティックな世界観を、多様なメディア表現を織り交ぜながら空間全体で堪能できるようにすること。

解決策/実現策

作品の特徴である独特なキャラクターや斬新な色使い、ストーリー等を切り口に、従来の時系列的展示にとらわれない新たなテーマ構成で展開しました。彫刻家やファッションデザイナー、映像作家など個性的な現代アーティストとのコラボレーション作品や、荒木氏にとって初制作となる新作大型原画(幅1.2m、高さ2m)12点も織り交ぜ、国内最大の企画展示室(面積2000㎡、天井高8m)の大空間をダイナミックに使ったデザイン演出を実現。約1ヶ月という短期間の開催にもかかわらず、14万人以上が来場しました。

環境配慮設計

グラフィックなどは4か国語対応とし、ユニバーサルデザインに取り組みました。

事業主
(株)集英社
業務範囲
デザイン・設計、制作・施工
当社担当者
プロデュース:澤畠 寿成
プランニング:篠原 宏一
デザイン・設計:髙井 諒
制作・施工:中嶋 和美
グラフィックディレクション:高橋 賢治
プロジェクトマネジメント:杉山 一樹
所在地
東京都
オープン日
2018年8月
ウェブサイト
http://jojoex-2018.com

「スタンド使いはひかれ合う」 ©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社/ ©Motohiko Odani, Courtesy of YAMAMOTO GENDAI
彫刻家・美術家の小谷元彦氏とのコラボレーションを実現。作品と特徴であり象徴ともいえる「スタンド」と名脇役たちを一堂に集めた空間

「JOJO Road」 ©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
大空間を使い、荒木氏の珠玉の名作イラストが大スケールで展開されるシンボリックな空間。SNS等で拡散されるフォトスポットとしても機能

「JOJO's Design」 ©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社/ ©ANREALAGE
ファッションデザイナーの森永邦彦氏とのコラボレーションを実現。作品の斬新な色使いやデザイン性に着目し、カラーイラストをコラージュした色彩豊かなグラフィックで空間を演出

「JOJO's Design」 ©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社/ ©ANREALAGE
照明で演出を施した森永邦彦氏の作品

撮影:ナカサアンドパートナーズ


お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

肥前さが幕末維新博覧会 幕末維新記念館

詳細を見る

創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1
創刊~1980年代、伝説のはじまり

詳細を見る

特別エキシビション エルメス「レザー・フォーエバー」

詳細を見る

BASELWORLD SEIKO Stand 2008-2015

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋