岐阜かかみがはら航空宇宙博物館

航空と宇宙をテーマに、子どもたちの夢の醸成と産業振興に寄与する専門博物館

航空エリアの機体展示。各務原で初飛行、試験飛行、実験飛行、製造されてきた、21機のオンリーワン機体を、時代を追って整然とレイアウトし、日本の航空機産業を俯瞰できるよう展示


事例概要

航空宇宙産業の拠点として発展してきた各務原(かかみがはら)で1996年に開館した「かかみがはら航空宇宙科学博物館」が2018年3月に全面リニューアルしました。1階は「航空」、2階は「宇宙」をテーマとして、各務原ゆかりの数多くのオンリーワン航空機や、地域の企業が建造に関わるISS日本実験棟「きぼう」などを展示。未来を担う子どもたちに夢を抱いてもらうことを主眼に、全国の航空・宇宙ファン、地域の市民、航空宇宙産業関係者や産業観光ファンなどに、広く楽しんでいただける施設を目指しました。

課題/テーマ

開館後約20年を経た展示設備を更新し、航空機の機体を展示するスペースの不足などに対応。同時に、地域の主力産業の一つとして宇宙分野展示の充実を図るなど、次世代の夢の醸成と産業振興への寄与を両立させること。

解決策/実現策

航空エリアでは、一機一機をより引き立たせるレイアウトを実現できるように、展示スペース増床をご提案。技術者や地域産業の発展にも焦点を当てることで、展示機体の魅力・迫力がさらに伝わるよう企画・デザインを進めました。宇宙エリアについては5つのゾーンに分け、それぞれのテーマにおける技術挑戦の歴史と未来を分かりやすい映像で展開し、生命の起源を宇宙にたどる最新研究まで幅広く紹介しています。

環境配慮設計

【情報保障】視覚障がい者、聴覚障がい者、外国人向けのアプリを独自開発し、映像と解説グラフィックの両方に対応。視覚障がい者向けに読み上げ対応可能なテキスト、聴覚障がい者向けに映像の日本語字幕、外国人向けに映像の多言語字幕、解説の多言語テキストを提供。
【展示保障】視覚障がい者向けに、展示機体のシルエットが触知できるグラフィックを設置。目の見えない子ども達でも楽しめるように、外形をはじめエンジンや操縦席が触ってわかる触知図としました。

事業主
岐阜県、各務原市
業務範囲
各種調査、コンサルティング、基本構想・基本計画、施設コンセプト企画、展示企画、デザイン・設計、制作・施工、VI計画、バリアフリー&多言語アプリ開発
当社担当者
ディレクション、展示企画:建石治弘
プロジェクトマネジメント:臼井聡
デザイン・設計:石河孝浩、成田敬
模型・造形ディレクション:中井弘志
映像ディレクション:塩田達朗、吉谷地華子
制作・施工:飯川隆弘、樋口智哉
受賞情報
「第52回日本サインデザイン賞」銀賞、中部地区賞
所在地
岐阜県
オープン
2018年3月
ウェブサイト
http://www.sorahaku.net/

航空エリアの三式戦闘機二型「飛燕」実機展示。各務原で生まれ、紆余曲折を経て帰郷しレストアされた機体。塗装が剥がされアルミ剥き出しの迫力ある姿を引き立たせるように空間・照明をデザイン

宇宙エリアの有人宇宙開発ゾーン。地域企業が建造に参加しているISS日本実験棟「きぼう」の実寸大模型。直近の内部の作業状況を彷彿とさせるリアルな再現をおこなった

宇宙エリアの宇宙探索ゾーン。宇宙における生命探査のホットな状況を展示。右は小惑星リュウグウに到達した「はやぶさ2」の実寸大模型。奥の壁面は日々アップデートされる宇宙探査の成果を更新できる太陽系の大型グラフィック

撮影:ナカサアンドパートナーズ


お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

震災遺構(宮城県気仙沼向洋⾼校旧校舎)

詳細を見る

横手市増田まんが美術館 リニューアル

詳細を見る

さいたま市子ども家庭総合センター「ぱれっとひろば」

詳細を見る

すみだ北斎美術館

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 岐阜かかみがはら航空宇宙博物館