平泉世界遺産ガイダンスセンター

世界遺産「平泉の文化遺産」の継承と周遊観光の拠点となるガイダンス施設

プロローグシアター:ワイドスクリーンと床面に投影される、映像詩「浄土照覧」とガイダンス映像で仏国土(浄土)の世界に誘う


事例概要

世界遺産「平泉の文化遺産」の価値や魅力を人類共通の財産として後世に伝えるとともに、重要文化財等の「公開承認施設」としての役割や、平泉周遊の出発点として観光客へのガイダンス機能も併せ持った施設です。「平泉インフォメーション」「プロローグ」「平泉の世界」「柳之御所遺跡と奥州藤原氏」のテーマのもと、実物の歴史的資料に映像や模型造形を融合させ、「平泉」の全体像や仏国土(浄土)の世界、奥州藤原氏の歴史等について紹介しています。

課題/テーマ

世界遺産としての「平泉」の理念や価値を、歴史的資料やデジタル技術を活用しながら来館者にわかりやすく伝えること。また、隣接する柳之御所史跡公園と併せて周遊観光の拠点となる施設とすること。

解決策/実現策

平泉の全体像とその歴史的背景等がわかるストーリーを構築するとともに、世界から訪れる観光客を想定し、言語に頼らないノンバーバルな2本立ての映像を制作。ワイドスクリーンや高度な投影技術を備えた「プロローグシアター」で、世界遺産登録の主な理由でもある「仏国土(浄土)」の世界観を体感できるようにしました。また、建物の細部まで再現した1/100サイズの復元ジオラマや、インタラクティブコンテンツと合わせて遺跡への理解を深められるような展示構成としました。

環境配慮設計

省エネ設計:省電力・長寿命・高耐久のLED照明を採用しました。
ユニバーサルデザイン:主要な解説には多言語での対応を行うとともに、常設展示室内30か所で多言語対応の音声ガイドも用意しています。映像には日・英の字幕をつけ、さらに点字によるコーナー概要紹介・触地図・触れる模型など多様な方々へ配慮しました。
文化財保存設計:重要文化財の展示・保存環境に対応できるよう、常設展示・企画展示の基本的な壁面ケース・単体ケースはエアタイトケースを採用しました。また資料に合わせて照明を調光できるようにしています。

事業主
岩手県
業務範囲
基本計画、施設コンセプト計画、展示企画、デザイン・設計、制作・施工、プロジェクトマネジメント、コンサルティング、開館準備
当社担当者
ゼネラルディレクション・展示企画:松丸裕之
デザイン・設計:林紗奈美、山口徹也、岡村敬之
施設コンセプト計画:田中博幸
模型・造形:中井弘志、吉田康寛、榛澤吉輝
映像ディレクション:(株)丹青研究所 塩田達郎
プロジェクトマネジメント:越前小太郎、杉山一樹
制作・施工:根間康成、倉持昌幸
所在地
岩手県
オープン
2021年11月
ウェブサイト
https://www.sekaiisan.pref.iwate.jp/information

平泉インフォメーション:遺跡と隣接したエントランスホール。その奥にそびえる世界遺産の構成資産の一つ「金鶏山」を眺め往時への思いを馳せる

プロローグ:平泉への仏教の伝播を世界史的な視点から俯瞰し展示へと導く

平泉の世界:地形模型映像やインタラクティブ絵巻で、世界遺産の構成・関連資産10か所の全貌を俯瞰でき、成立ちから現在へのつながりが理解できる

柳之御所遺跡と奥州藤原氏:「平泉館」の復元ジオラマとインタラクティブコンテンツで四季の移ろいと一日の変化を20分で表現

柳之御所遺跡と奥州藤原氏:柳之御所遺跡出土の重要文化財を6つのカテゴリー別に展示

撮影:フォワードストローク


※実績紹介に記載されている情報は、掲載時点のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

国立アイヌ民族博物館

詳細を見る

渋沢史料館

詳細を見る

お茶と宇治のまち交流館『茶づな』ミュージアム

詳細を見る

岐阜関ケ原古戦場記念館

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 平泉世界遺産ガイダンスセンター