ニコニコ超会議2019「ありがとう平成!よろしく令和!
ニコニコカドカワブックフェア」ブース

巨大な本棚と映像演出が印象的な活気あふれるブースを実現

隈研吾氏設計の本棚にプロジェクションマッピングを行い、空間と映像を融合させたダイナミックなブース


事例概要

「ニコニコのすべて(だいたい)を地上に再現する」をコンセプトに開催されたニコニコ超会議2019に、KADOKAWAが平成の集大成をメッセージとして発信したブース。KADOKAWAなどが進めている2020年7月オープン予定の複合施設「ところざわサクラタウン」をPRすることも目的とし、同施設内に開館する角川武蔵野ミュージアムを先取り体験できる空間です。

課題/テーマ

「令和」に変わるタイミングで、KADOKAWAが「平成」に刊行したほぼ全ての書籍を印象的に展示するブースにすること。「ところざわサクラタウン」のPRにもつなげ、来場者に同施設への期待を高めてもらうこと。

解決策/実現策

KADOKAWAが刊行した3万点近くの書籍が並ぶ高さ10mの本棚を設置。本物の書籍を使用した圧倒的なスケールの本棚で、来場者に驚きを与えました。また、オープン後に角川武蔵野ミュージアムに設置される隈研吾氏設計の本棚を展示。その本棚にプロジェクションマッピングを行うことにより、同施設で味わえる体験を来場者に先取りしてもらいました。さらに、黒板のグラフィック壁面に「ところざわサクラタウン」への期待などを書き込めるエリアを設置。来場者が参加し、皆で共有してもらうことで、印象的な活気あふれるブースを実現しました。

環境配慮設計

トラスなどを規格の寸法にする、木工を経済寸法で設計する、トラスやシステム材で可能なところはレンタル品を利用するなど、環境配慮に努めました。

事業主
(株)KADOKAWA
業務範囲
デザイン・設計、制作・施工
当社担当者
プロジェクトマネジメント:磯部 弘成
プロデュース:佐野 勇人
ディレクション、デザイン・設計:伊藤 佑子
制作・施工:横森 栄一
映像制作:高田 和実
受賞情報
「日本空間デザイン賞2019」入選
所在地
千葉県
オープン
2019年4月
ウェブサイト
https://chokaigi.jp/2019/booth/niconicokadokawabookfair.html

高くそびえたつ巨大な本棚が来場者の目を引く

本棚の下部には実際に書籍が並び、上部はグラフィックで下から上まで本棚が続いているように見せる

撮影:馬場 祥光


ディレクション、デザイン・設計
伊藤 佑子

ディレクション、デザイン・設計
伊藤 佑子

イベント分野で多くの経験を積む。ブースデザインからステージ演出、映像演出、コンパニオンの衣装デザインまで、幅広く手がける。空間と合わせて細部まで一貫したデザインをすることによって、イベント全体の感動体験の向上を目指している。

お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

肥前さが幕末維新博覧会
幕末維新記念館・リアル弘道館・葉隠みらい館

詳細を見る

荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋

詳細を見る

大阪国際空港(伊丹空港)

詳細を見る

創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1
創刊~1980年代、伝説のはじまり

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 ニコニコ超会議2019「ありがとう平成!よろしく令和!
ニコニコカドカワブックフェア」ブース