HOTEL KADO GOSHO-MINAMI KYOTO

京都の中心で「暮らすように泊まる」、コンドミニアム型のホテル

庇を新設し、水平な趣を再構築することで京都の街並みと調和を図ったファサード


事例概要

日本の代表的な観光地「京都」の中心に位置する、格式ある京都御所周辺エリアの既存の事務所ビルを宿泊施設にコンバージョンするプロジェクト。「暮らすように泊まる」をコンセプトとしたコンドミニアム型ホテルの外装・内装デザインを担当しました。

課題/テーマ

宿泊施設の競合ひしめく京都駅近郊エリアで、いかにほかのホテルとの差別化を図るか。また、中長期滞在型の宿泊施設として、より快適に「暮らすように」滞在できる場にすること。

解決策/実現策

「暮らすように」というキーワードを元に、事業主様とひとつひとつディスカッションを重ねながら、ベッドの在り方やダイニングのしつらえのほか、小上がり・坪庭の配置などを検討。京都に暮らしているかのような体験を利用者へ提供できる客室空間としました。また、「湯治室」(温泉ミスト浴)を導入するなどの新たな試みによって、より快適な「暮らし」を体感できるようにしています。

事業主
(株)アセットリード
業務範囲
デザイン
当社担当者
ディレクション:藤谷隼平
デザイン:山田達也
プロジェクトマネジメント:片岡 聡
所在地
京都府
オープン
2019年6月
ウェブサイト
https://hotel-kado.com/

既存建築の間口の長さを活かした石張りのエントランス

『栃』の一枚板のダイニングテーブルなど、和の要素を用いてLDKを構成している

カウンターキッチンと小上がりにより、くつろぎや団欒を引き立てる

半屋外空間のような開放感を感じさせる坪庭・水場

撮影:[写真提供] 太平建設工業(株)、(株)ビーウッドエンジニアリング


ディレクション
藤谷 隼平

ディレクション
藤谷 隼平

ホテル等のホスピタリティ空間、大型ショッピングセンター、物販・飲食施設等の商業空間、アミューズメント施設等、手がけるデザイン領域は多岐にわたる。多角的な観点からデザインの要素を抽出・融合し、空間の価値を高めている。

デザイン
山田 達也

デザイン
山田 達也

カフェ、インテリアショップのスタッフを経て丹青社へ入社。物販店や飲食店など専門店のショップデザインの領域で経験とノウハウを積む。空間をデザインする上で、事業主ともにと築きあげるその場のモノゴトに対して、真摯に向き合い取り組むことを心がけている。

お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

ラグーナベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

詳細を見る

鶯谷健診センター 人間ドックフロア リニューアル

詳細を見る

SHIROYAMA HOTEL kagoshima

詳細を見る

浅草ビューホテル

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 HOTEL KADO GOSHO-MINAMI KYOTO