ロマンスカーミュージアム ジオラマパーク

ロマンスカーと通勤電車が走る街並みを映像・音響・照明でダイナミックに演出

新宿から箱根まで小田急線沿線の街並みをリアルに再現


事例概要

「"子ども"も"大人"も楽しめる鉄道ミュージアム」をコンセプトに、海老名駅隣接地に開業した小田急電鉄初の常設展示施設。展示の一つとして、歴代ロマンスカーや通勤電車が疾走する鉄道ジオラマを当社で制作。新宿から箱根の沿線の街並みを一望できる巨大なジオラマ(約190㎡)で、鉄道はHOゲージ、街並みは精巧かつリアルに再現し、多彩なミニチュアと刻々と移り変わる沿線の風景を楽しめます。

課題/テーマ

「旅、くらし、ロマンスカー」をキーワードに、ロマンスカーと複々線化事業、そして沿線の街の魅力を発信すること。

解決策/実現策

ロマンスカーや通勤電車が疾走する風景や複々線での追い抜き、エリアごとに特徴を明確化した街並み、これらの魅力が引き立つよう、鉄道と街や地形のレイアウト、照明、色彩計画を展開。高層ビルの壁を駆け上るヒーローや小惑星に向かう探査機など、ときにユーモアも交えたシーンを散りばめ、どこを見ても楽しい演出を実現しました。

環境配慮設計

小さな子どもが安全にジオラマを見られると同時に、不用意にジオラマ内へ進入しないように、手摺の形状・寸法などに配慮しました。

事業主
小田急電鉄(株)
業務範囲
企画、運営、デザイン監修:UDS(株)
展示企画、デザイン・設計、制作・施工:(株)丹青社
当社担当者
プランニングディレクション:建石 治弘
デザイン・設計:中井 弘志、石渡 美穂
制作・施工:佐藤 拓人、(株)丹青TDC 鈴木 照男
プロジェクトマネジメント:山崎 鋭児、幸 雅文、佐藤 桂
所在地
神奈川県
オープン
2021年4月
ウェブサイト
https://www.odakyu.jp/romancecarmuseum

照明により昼~夜の演出を行い、黄昏時にはジオラマ全体がオレンジ色に包まれる

建物全ての内部に小型の照明器具を仕込むことで、夜の演出時には宝石を散りばめたような華やかさをプラス

箱根湯本駅や横を流れる早川など細密に製作し、ロマンスカーと駅伝ランナーが並走するギミック演出も再現

どこを撮ってもフォトスポットになるように、駅や街並み、その空気感を大事にしてシーンを構成

撮影:株式会社 ナカサアンドパートナーズ


プランニングディレクション
建石 治弘

プランニングディレクション
建石 治弘

博物館の展示を中心に、計画段階から施工段階まで、プランナーとして一貫して担当。歴史、科学技術、交通、防災など幅広いジャンルの展示施設や企業ミュージアムで、お客さまの期待に沿った空間を実現してきた。情報バリアフリーにも積極的に取り組んでいる。

※実績紹介に記載されている情報は、掲載時点のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

豊島区立トキワ荘マンガミュージアム

詳細を見る

雄勝硯伝統産業会館

詳細を見る

京都伝統産業ミュージアム

詳細を見る

神戸海洋博物館

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 ロマンスカーミュージアム ジオラマパーク