第一滝本館

地域の資源を活かし、登別温泉らしさを表現

登別温泉最大の源泉である地獄谷を左官で表現したアートウォールと、左官で地層を表現した柱


事例概要

北海道内でも古い歴史を持ち、登別温泉地の歴史そのものである老舗旅館第一滝本館。地獄谷を眼前に望む1500坪の広さを誇る大浴場、本館・西館・東館・南館の複数の客室棟からなる大型旅館です。今回は大規模改修に伴い、ロビーと南館客室棟の改装のインテリアデザインを担当しました。

課題/テーマ

北海道登別にある旅館ならではの特色を出すこと。客室は多様化するゲストニーズに応えるために従来の和室から洋室へと改装すること。海外からの団体ツアー専用のラウンジを新設するなど、インバウンド対応を充実すること。

解決策/実現策

ロビーには地獄谷をイメージさせるアートウォール、柱、カーペットを配し、登別温泉らしさを表現しました。南館客室は周囲が緑深い山に囲まれたロケーションから「森で目覚める宿」というテーマを設定。洋室とはいえ、旅館の和の雰囲気を感じられるように、障子と濡縁スペースを設けるなど和の要素を取り入れました。また、北海道のシンボルでもある白樺の木々をアートワークや照明のデザインに活かしています。団体ラウンジは地獄谷の鬼を描いたモザイクアートをそのまま残して空間のシンボルとしました。

環境配慮設計

ロビーでは既存の天井グリッドを、団体ラウンジでは既存の鬼のモザイクアートをそのまま利用して空間の中で活かしました。

事業主
(株)第一滝本館
業務範囲
デザイン・設計、制作・施工(共用部):(株)丹青社
制作・施工(客室):鹿島建設(株)
当社担当者
ディレクション:石井 康祐
デザイン・設計:鎌田 禎志
所在地
北海道
オープン
2019年8月
ウェブサイト
https://takimotokan.co.jp/ja/

特殊に調合した土の左官で滝本のロゴを立体表現したサインウォールが迎え入れるエントランス

ロビー空間の全面に展開するダイナミックなアートウォールと地獄谷から湧き出る湯をイメージしたカーペット

元々カラオケスペースにあった鬼のモザイクアートを活かして空間のアクセントとした団体ラウンジ

行燈のように灯りをともす山並みをイメージした障子。ヘッドボードの上には白樺を木版に焼き印したアートワークと白樺の葉が描かれた照明

林の中をイメージした客室フロアの廊下

撮影:鈴木 賢一


ディレクション
石井 康祐

ディレクション
石井 康祐

物販店、飲食店などの商業空間からオフィスなどのコミュニケーションスペース、近年はホテルなどのホスピタリティ空間のデザインを中心に活躍。幅広い分野を手がけることで得た経験や知識を活かし、ユーザー目線とクライント目線を大事にしつつ、常に新しいデザインにもチャレンジし続けている。

デザイン・設計
鎌田 禎志

デザイン・設計
鎌田 禎志

大型商業施設からホスピタリティ空間まで幅広い分野のデザインを手がける。近年はホテル、旅館など宿泊施設の環境デザイン特化。ビジネスホテルから大型旅館まで事業主とゲスト双方にとって刺激的で心地良い、そして地域の活性化にも繋がる空間のクリエイションを念頭にしたデザインを実践している。

お問い合わせ

最新のソリューションや具体的な取組事例を、担当者より直接ご紹介させていただいております。
その他ご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらよりお申込みください。

関連実績

新宿追分クリニック

詳細を見る

ミッドタウンクリニック名駅

詳細を見る

HOTEL KADO GOSHO-MINAMI KYOTO

詳細を見る

ラグーナベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

詳細を見る
HOME 実績紹介 実績一覧 第一滝本館